Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イタリアのティーン、ムセッティがワウリンカを倒す金星 [テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 ATPツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(ATP1000/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額385万4000ユーロ/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、地元選手でティーンエイジャーのロレンツォ・ムセッティ(イタリア)が第10シードのスタン・ワウリンカ(スイス)を6-0 7-6(2)で倒す番狂わせに成功し、記念すべきツアー初勝利を飾った。 BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム  ワウリンカの有名なバックハンドに自らの片手打ちバックハンドで打ち勝ち、予選を勝ち上がってきた18歳は3度グランドスラム大会を制した男をコートの角から角へと走らせ、その年齢にそぐわないオールラウンドなテニスを披露した。   この結果でムセッティは、ATPツアーで本戦勝利を記録した初の2002年生まれの選手となった。これに先立ち同胞のヤニク・シンネル(イタリア)は昨年、同様の偉業を2001年生まれの選手としてやってのけていた。  USオープンに参戦しない道を選んだワウリンカはやや錆び付いている様子で、試合序盤に多くのミスを犯した。 「第1セットと第2セットの出だしには、まったく競い合いがなかった」と最初の8ゲームを連取したムセッティはコメントした。  試合が進んでいくにつれてワウリンカが反撃し始めたが、そうする間にもムセッティはウィナーと繊細なドロップボレーを放ち続けた。ムセッティは強力なサービスを打つワウリンカよりも多くのサービスエースを決め、彼の5本に対してワウリンカは3本だった。 「僕は試合中、『僕はワウリンカに対してセットを先取し、先にワンブレークした。そして今、彼はいい波に乗り始めている』と考え続けていたんだ」と世界ランク249位のムセッティは振り返った。彼は予選出場権を得るのに、ワイルドカード(主催者推薦枠)を必要とした。 「僕が失敗するためのすべてがそこにあった。でも僕はテニスのメンタル面についてもっとも力を入れて鍛えており、このところその面ですごく上達したんだよ」とムセッティは続け、「ここローマでの最初の試合で勝てるなんて――残念ながら観客はいなかったけど――この気持ちを表現する言葉が見つからないくらいだ」と言い添えた。  予選からここまで勝ち上がってきたムセッティは、ジュニア時代に2018年USオープンで準優勝し、2019年にはオーストラリアン・オープンでタイトルを獲得していた。  彼はローマの2回戦に進出した8人のイタリア人のひとりであり、これは大会記録だという。  ムセッティは次のラウンドで、日本の錦織圭(日清食品)と対戦する。錦織は右肘の手術から復帰を果たしたばかりで、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性となったあとUSオープン出場を断念していた。 「僕は誰も恐れていない」とムセッティは発言した。「僕はただ、楽しんでいるだけなんだ」。  より早い時間帯の試合では、USオープンで8強入りしたアンドレイ・ルブレフ(ロシア)とデニス・シャポバロフ(カナダ)がともにストレートで勝って次のラウンドに駒を進めた。  第9シードのルブレフが予選勝者のファクンド・バグニス(アルゼンチン)を6-4 6-4で、第12シードのシャポバロフはギド・ペラ(アルゼンチン)を6-2 6-4で退けた。  同じくUSオープンでベスト8に進出したアレックス・デミノー(オーストラリア)は多くのチャンスを無駄にしてしまい、予選を勝ち上がってきたドミニク・コプファー(ドイツ)に6-3 3-6 6-7(6)で競り負けた。  昨年のUSオープンでベスト4だったローマ生まれのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は、この大会で第4シードとなっている。また2018年フレンチ・オープン準決勝進出者のマルコ・チェッキナート(イタリア)がカイル・エドマンド(イギリス)を3-6 7-6(7) 6-2で下し、ツアー大会におけるこのところの6連敗に終止符を打った。  もうひとりの地元選手でワイルドカードで出場したサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)は予選勝者のテニス・サングレン(アメリカ)との接戦を3-6 6-3 7-6(4)で制し、次のラウンドで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦することになった。これはジョコビッチにとって、USオープンで失格になって以来の試合となる。  カルーゾは第3セットの終盤にマッチポイントを凌ぎ、32度もあった湿度の高い状況下で3時間以上戦った末についに試合をものにした。  1回戦をBYEで免除されている第1シードのジョコビッチは線審の喉に誤ってボールをぶつけてしまったためにUSオープンから追い出されたあと、大きな教訓を学んだと話していた。  ジョコビッチとカルーゾは昨年のフレンチ・オープン3回戦で唯一対戦しており、そのときはジョコビッチがストレートセットで勝っている。  予選勝者のフェデリコ・コリア(アルゼンチン)はヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-1 7-6(5)で破り、次のラウンドで地元の人気者でもあるベレッティーニと対戦することになった。  彼の兄は元トッププレーヤーのギジェルモ・コリア(アルゼンチン)で、2005年のローマ決勝でラファエル・ナダル(スペイン)と第5セットのタイブレークにもつれる激戦の末に敗れはしたが準優勝に輝いていた。  そのほかの試合では、第13シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)、ジョン・ミルマン(オーストラリア)、西岡良仁(ミキハウス)、予選勝者のペドロ・マルチネス(スペイン)が勝ち上がり、1回戦がすべて終了した。(APライター◎アンドリュー・ダンプ/構成◎テニスマガジン)

【関連記事】