Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「志尊の自粛部屋」でファン急増! 俳優・志尊 淳の無限大の魅力を堪能。“もっと”虜になるおすすめ5選

配信

エムオンプレス

志尊 淳が4月23日から本日4月30日まで、毎晩23時から行っているインスタライブ「#志尊の自粛部屋」。“右手に体温計~、左手にコークハイ~”と歌いながら、検温を促し、一緒に宅飲みしている気分になれる自然体の配信が話題を集めている。 【詳細】志尊 淳の実力がわかる5作品 若手実力派俳優として人気の志尊だが、「#志尊の自粛部屋」では、料理をしたり、お笑いタレントの丸山 礼を呼んで、あごが痛くなるほど笑い合ったり、ドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』で演じた天然キャラ・川合太一を降臨させたり、ジャイアンのモノマネを披露したり……、書きだせばキリがないのだが、「テレビで見せたことないよ」と自ら顔を赤らめるほど、完全おうちモード。自身の寝室から添い寝姿で配信するなどファンを悶絶させたかと思えば、“持ってるなぁ”としか思えない天然っぷりも発揮し、気付けば、当初2万人前後の視聴者も最大12万人を超えた。これまでのファンのみならず、多くの新規ファンを獲得し、Instagramのフォロワー数も70万人弱から、現在90万人強まで伸ばしている。 現在は「#志尊の自粛部屋」のテーマソングから発展し、志尊の実の叔父である宮崎 歩と曲を作って、ファンに届ける計画もスタート。「#志尊と歩む」で歌詞の募集を行っている。 皆が沈みがちな自粛期間に、温かな「おうち時間」を提供した志尊。今回はこの「#志尊の自粛部屋」からファンになったという人のためにも、俳優・志尊 淳の実力がわかる作品5本をセレクト! どうか「#志尊の自粛部屋」ロスに役立ててほしい。 文 / 望月ふみ トップ画像・撮影 / 斎藤大嗣 ◆ドラマ『きみはペット』 恐るべし愛くるしさ! 抱きしめたくなる魅力が満載 2017年2月からフジテレビオンデマンドにて先行配信、続けてフジテレビ地上波深夜枠にて放送された。入江法子×志尊 淳のコンビにより、2003年にTBSにて放送されてヒットを記録した小雪×松本 潤コンビとはまた違った新鮮な魅力を携えたドラマとなった。大手新聞社に勤める容姿端麗、高学歴のスミレ(入江)。本当は繊細で恋愛にも不器用だが、周囲にはなかなかその素顔が伝わらない。仕事もプライベートもどん底状態のある日、スミレはマンション前で段ボールに入っていた美少年・合田武志(志尊)にかつての愛犬“モモ”の面影を感じて、彼をペットとして飼い始める。 原作は少女コミック。「キャリアウーマンが美少年をペットとして飼う」という、ならではの世界観を役者の魅力によってうまく実写に落とし込んだ。なかでもモモのキャスティングは最重要事項だが、「モモ!」と呼んで抱きしめたくなる愛くるしさが、志尊の全身からあふれ出ている。また実は武志の素顔は国際的にも通用する才能を持ったバレエダンサーであり、ダンスシーンもきっちりこなした志尊は、身体能力の高さを十二分に感じさせる。さらにスミレと添い寝してしまえる中世的なところがありつつ、時折男子としての顔を覗かせてドキリとさせる。まさに志尊のキュートな魅力全開の作品。なお、同年公開された菅田将暉主演、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、千葉雄大共演のコメディ映画『帝一の國』でも可愛らしい志尊が拝める。サラサラストレートのマッシュルームヘアの榊原光明役で、語尾に「にゃん」とつけるぶりっ子男子高校生役に不自然さを感じさせないのは、恐るべし。 FOD、TSUTAYA TV、ビデオマーケットで配信中 ◆映画『探偵はBARにいる3』 静かな迫力で魅せるケンカの達人 『帝一の國』を含め、2017年に4本の映画が公開された志尊。限られた出演シーンで、インパクトを残してみせたのが『探偵はBARにいる3』だ。東直己の推理小説「ススキノ探偵」シリーズを基とし、札幌のススキノを舞台に、大泉 洋が主人公の探偵、松田龍平が探偵の相棒兼運転手の高田を演じる人気シリーズの第3弾である。女子大生失踪事件の真相に迫る探偵と高田が、大きな事件に巻き込まれていく。 謎の女性マリを演じた北川景子の美しさが光る作品だが、志尊はそのマリが関わる組織の用心棒・波留役。華奢な体つきで常に微笑みを浮かべ、一見ケンカとは無縁に見える青年だが、実は負け知らずの使い手であり、腕には自信のある高田を完膚なきまで叩きのめしてしまう。ひと蹴りで大柄な高田を吹っ飛ばす波留の絶対的な強さを、アクションのできる志尊が説得力を伴い静かな迫力で魅せる。後半には波留と高田の一騎打ちが展開。『きみはペット』での抱きしめてしまいたくなるモモとは、180度違うケンカの達人ぶりは必見だ。 U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオ、Paraviで配信中 ◆『女子的生活』 美しすぎる、完璧な女子姿! どんな役でも自然に演じてみせる実力を持ちながら、見た目のキュートさから、実力が正統に評価されていない感のあった志尊が、その実力を認めさせたのが、2018年の1月にNHK総合「ドラマ10」枠にて放送されたドラマ『女子的生活』だ。「ギャラクシー賞」2018年1月度月間賞と「第11回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」主演男優賞に輝いた秀作である。志尊が演じたのは、体は男性だが心は女性で、好きになるのも女性のトランスジェンダー・みき。ファストファッション会社でOLとして働き、「女子的生活」を満喫しているみきのもとに、ある日、同級生の後藤(町田啓太)が転がり込んだことから、日常が変化していく。 放送当時、志尊のあまりに完璧な女子姿が大評判に。志尊が演じるトランスジェンダーの女性と聞くと、可愛い女性を思い浮かべがちだが、本作でのみきは、可愛いというよりは「美しい」女性。何より凛とした強さが印象に残る。様々な偏見や差別を受けながら、自分が本当に好きになれるもの(ファッション)を見つけて、突き進む姿に、共感と羨望のまなざしを向けた女性は多い。だが同時に、みきは決して神聖化された対象として描かれることはなく、時に攻撃的な態度も見せるイヤな部分も“ちゃんと”持ち合わせている。そのことがとても人間くさく、一歩間違えば共感できない、嫌われるかもしれないキャラクターを、志尊は違和感なく体現してみせた。次第に絆を育んでいく後藤役の町田との相性もぴったりで、後藤によってあぶり出されるみきの弱さや可愛らしさも見る者の心を掴んだ。この年、続けてNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演した志尊は、ヒロインの鈴愛(永野芽郁)と友達になる漫画家志望のゲイの青年ボクテを演じて人気を博したが、ここではまた全く異なる愛らしさを醸し出していた。 U-NEXT、ビデオマーケットで配信中 ◆『劇場版 ドルメンX』 アイドルパフォーマンスで地球人を虜に! 2018年に『ドルメンX』がドラマ放送され、続けて『劇場版 ドルメンX』が公開された。ある惑星からやってきた宇宙人侵略チームが、トップアイドルとなって地球人の心を掴むことで侵略を達成させようと目論み、メンズアイドルグループ「ドルメンX」を結成。いつの間にか本気でアイドルを目指して奔走し始める。なんとも突飛な設定の本作の原作は、高木ユーナによる人気コミック。志尊は、何事にもまっすぐに突き進む隊長を演じ、ともにアイドルを目指す宇宙人隊員に浅香航大、小越勇輝、堀井新太が扮した。「ドルメンX」のマネージャーを務める唯一の宇宙人女子には玉城ティナ。さらに地球人ながら「ドルメンX」に加入し、隊長らメンバーに影響を与える実光修吾を桐山 漣が演じた。 スポコン系アイドル青春コメディと謳われている本作。おふざけ映画とみえて、その内容は友情や夢への思いと熱く、さらに映画版では15年後まで描くことによって、歳を取らないメンバーたちの一方で、普通の人間として歳を取っていく修吾を置き、大切なものへの気づきを見せていく深い人間ドラマになっている。どこか舞台ちっくな色合いの演出も世界観に合っていて、そのなかで志尊たちが全力で青春を駆け抜ける。また、「ドルメンX」の楽曲の振り付けを「モーニング娘。」などの振り付けで知られる夏まゆみが担当。志尊たちのアイドルパフォーマンスへの本気の挑戦を楽しむことができる。 Huluで配信中 ◆ドラマ『潤一』 孤独を滲ませる男の色気を爆発! 可愛らしく、時に男らしく、また凛とした美しさも持ち合わせ、コメディもイケる。どんなジャンルでも自然に染まってしまう志尊が、男の色気を爆発させたのが恋愛小説の短編集を映像化した『潤一』だ。2019年の7月・8月に関西テレビにて放送された同ドラマは、フランス「カンヌ国際シリーズフェスティバル」コンペティション部門への正式出品を果たした愛のドラマであり、1週間限定で劇場先行公開も行われた。 ここで志尊が演じたのは、さまざまな事情を抱えた6人の女たちの前に突然現れ、孤独な日常の隙間に入り込み、去っていく男・潤一。ベッドシーンがあることばかりが取りざたされがちだったが、主人公でありながら、女性たちの物語を繋ぐ役割として立ち、浮遊感を持ったまま作品全体をまとめる難役だ。夏井美菜、夏帆、原田美枝子、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華と芸達者な女優陣を相手に、志尊は絶妙な距離感と空気で潤一として漂って見せた。ここで見せる艶っぽさは、キャリアを重ねてきた志尊がまた新たなステージへと上がったことを確実に感じさせ、これまでに感じさせたドキドキとは全く別のドキドキをもたらす。そして終盤で滲ませる潤一の孤独が、余韻を残す。 U-NEXT、FOD、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオ、TSUTAYA TVで配信中。 ◆着実に実力を積み上げてきた志尊 淳の多面的な魅力が楽しめる待機作に注目 2011年にミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで俳優デビューを飾り、2014年にテレビ朝日の『烈車戦隊トッキュウジャー』への主演で子供たちのヒーローとなった志尊。振り返ってみると、そこから着実に実力を積み上げ、短い期間で志尊が急激に若手実力派として認知されるようになったことが分かる。 この先は江口洋介主演のNHKドラマ『天使にリクエストを~人生最後の願い~』に出演が決定、またディズニー&ピクサーのアニメーション映画『2分の1の魔法』が公開を控えている。そしてヤマシタトモコのミステリー・ホラー漫画を映画化する『さんかく窓の外側は夜』にて、岡田将生が除霊師役、志尊が霊の見える書店定員役で心霊探偵コンビを組み、W主演を務めることが発表済みで、期待の声があがっている。先行き不透明な今だが、ファンとの繋がりを大切にしている志尊のさらなる活躍を応援しつつ、過去作から志尊の多面的な魅力を堪能できる、新作への準備期間にしよう。 ※配信情報は4月30日現在のもの 「志尊の自粛部屋」でファン急増! 俳優・志尊 淳の無限大の魅力を堪能。“もっと”虜になるおすすめ5選は、WHAT's IN? tokyoへ。

【関連記事】