Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【神奈川のあれから】 急勾配、遊水地スペースなし―大都市「暴れ川」治水の難しさ

配信

カナロコ by 神奈川新聞

 2019年10月、首都圏を縦断し、関東や東北に記録的な大雨をもたらした台風19号。水害に遭った経験が少ない大都市の住民は困惑し、被災から8カ月以上が過ぎた今も不安を抱えたまま生活する。梅雨に入り、水害のリスクが高まる時期を再び迎える中、人々は何を思うのか―。(神奈川新聞社・渡辺渉、鈴木崇宏) 【写真特集】2019年・台風19号 神奈川各地の状況

にぎわいの片隅で…

 マスク姿の男女がジョギングを楽しみ、若者が軽快に自転車のペダルをこぐ。新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が解除された5月下旬、川崎市高津区のサイクリングコースには、穏やかな日差しが降り注いでいた。  対岸に望むのは、買い物客のにぎわいが戻り始めた東急線二子玉川駅。足元を静かに流れる多摩川の河川敷に目を移すと、小さな看板が立っていた。「河道管理上必要な箇所の土砂撤去を実施いたします」。水辺では、2台の重機がうなりを上げていた。  19年10月12日に上陸した台風19号で濁流と化した多摩川と、支流・平瀬川との合流点。中州のような場所で重機が取り除いていたのは、あの日の豪雨で多摩川の上流から押し流されてきた土砂だった。

 「本気で洪水を起こさないつもりで取り組んでいるのだろうか」。平瀬川沿いに構える工場が浸水した「日康金属製作所」常務の青山岳史さん(50)は首をかしげる。土砂の撤去のような目に見える対策が、梅雨入りを前にようやく動きだしたからだ。  「工場も大切だが、命を守れるかどうか心配だ」。二つの川に挟まれ、標高の低いこの一帯でなりわいを続けていくことに、青山さんは不安を拭えずにいた。

多摩川から逆流、避難後の氾濫

 氾濫の要因は、排水管の逆流によってタワーマンションなどが浸水した武蔵小杉駅(川崎市中原区)周辺とは異なる。  上流で観測史上最多の雨量を記録した多摩川は、下流の川崎市内にかけて水位が大幅に上昇。その影響で多摩川の水が川幅の狭い平瀬川に逆流し、堤防を越えたとみられる。「バックウオーター」と呼ばれる現象だ。平瀬川沿いの住宅や工場が次々と浸水し、すぐそばのマンション1階に住む男性が犠牲になった。  青山さんは氾濫に巻き込まれる前に工場から避難。台風の翌日に戻ると、「プレス機や在庫の製品など、ありとあらゆるものが水に漬かっていた」。平瀬川からあふれた水が流れ込み、精密板金の作業や倉庫などに使っていた3棟が最大で1メートルほど浸水した。

【関連記事】