Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【難読】「蚌」読める?日本酒と相性抜群です!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

よく知っているモノの名前でも、漢字で書かれると全く読めないことってありませんか? たとえば、夏においしい「蕃茄」や「竜髭菜」。 海の生物である「海鞘」や「海鼠」、など。 そんな、知っているのに意外と読めない日本語クイズ。本日のお題はコチラです! 「区区」読めますか?「くく」じゃないよ

「蚌」。この日本語、読めますか? 「カエル」と読んだ方は、残念ながら不正解。カエルは漢字で書くと「蛙」です。よく似ていますが別の字です。 読み方を探るために、いくつかヒントを見てみましょう。 ・ヒント1 ひらがなで書くと4文字 漢字ではたった1文字ですが、ひらがなで書くと4文字の言葉になります。 ・ヒント2 海の生き物です 「蚌」は食用としても有名で、スーパーや魚屋さんで買えますし、潮干狩りでゲットできることもあります。 ・ヒント3  酒蒸しといえば、コレ! 居酒屋さんや小料理屋さんのメニューでは、「蚌」の酒蒸しやバター醤油焼きを見かけることもあります。 読み方、なんとなく想像ができましたか? では正解をみてみましょう! 「蚌」の読み方、正解は「はまぐり」でした! 酒蒸しやバター醤油焼きでおなじみのはまぐりは、「蚌」の他に「蛤」「文蛤」とも書きます。こちらのほうが馴染みがありますね。 小学館デジタル大辞泉によると、名前の意味は「浜栗」から来ているとのこと。殻は丸みのある三角形をしており、貝細工や胡粉の材料にも用いられます。 国内で食用として流通しているものの多くは、近縁種のチョウセンハマグリやシナハマグリで、日本の在来種ではありません。 在来種は干潟の減少や水質汚染で急減しており、2012年に絶滅危惧II類に指定されています。日本古来のはまぐりは、じつはとても貴重な生き物なのですね。 この機会に漢字ともども覚えておいてくださいね!

【関連記事】