Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米大統領選まで2か月 両氏「激戦州」へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

アメリカ大統領選挙まで、あと2か月となりました。トランプ大統領とバイデン前副大統領はこの日、そろって勝敗のカギを握る「激戦州」に入りました。 選挙戦は、残り2か月となって、トランプ大統領が激しく追い上げる展開となっています。トランプ大統領はさきほど、バイデン氏の生まれ故郷でもある激戦州、東部のペンシルベニア州に入りました。 共和党・トランプ大統領「バイデンのせいでペンシルベニア州の雇用は中国などに奪われたが、私はこの4年でそれを取り戻した」 また、大統領はこの日、ツイッターで、郵便投票と、投票所での投票の計2回の投票を試みるよう、有権者に呼びかけました。事実上不可能な呼びかけはツイッター社から警告を受けました。 大統領は、自身に不利に働くとみて反対する郵便投票では、「不正が起こりえる」と訴える狙いもあったものとみられ、なりふり構わぬ選挙戦を展開しています。 一方のバイデン氏は、黒人男性が警察官から銃撃を受け、抗議デモが一部、暴徒化した中西部ウィスコンシン州を訪れました。こちらも激戦州です。 到着後、すぐに銃撃を受けた黒人男性の家族と面会、入院中の男性本人とも電話で話をするなど、支持基盤である黒人に寄り添う姿勢も強調しています。 民主党・バイデン氏「私が大統領になったら、警察や人権活動家らを含め、皆を話し合いのテーブルにつかせる」 2人の全米での最新の支持率ですが、バイデン氏がおよそ7ポイントのリードを保っています。 ただ、激戦州だけでみれば、その差は明らかに縮まっていて、トランプ大統領が日本時間4日入ったペンシルベニア州では、7月中旬に13ポイントあった差が、最新ではわずか4ポイントと猛烈な追い上げを見せています。 選挙戦は、予断を許さない状況が続きます。

【関連記事】