Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大学再入学からドラフト候補へ!伊藤大海、河村説人ら北海道の150キロ右腕

配信

高校野球ドットコム

 今年のドラフト候補として注目を浴びる2人の剛球右腕が、北海道内の大学にいる。苫小牧駒澤大(北海道学生野球連盟)の伊藤 大海と、星槎道都大(札幌学生野球連盟)の河村 説人だ。 【動画】2020年ドラ1候補・伊藤大海(苫小牧駒沢大)が155キロを投げれる理由  ともに150キロのストレートを武器とする本格派だが、2人には共通点がある。それは、大学を一度中退し、現在の大学に再入学していることだ。今回は、過去に大学を中退しながらもプロ入りを果たした選手と併せて、二人のこれまでを振り返っていきたい。

高校3年春に全道大会で対戦した伊藤と河村

 駒大苫小牧では、1年秋から主力としてマウンドに上がった伊藤。札幌大谷との全道大会決勝では、リリーフで5回1/3を1失点に抑え優勝投手に輝いた。明治神宮大会では沖縄尚学との初戦に先発し、8回途中自責点1も敗戦。翌春選抜では、1回戦の創成館戦で完封勝利を挙げた。その後は肘の故障などもあって全国舞台からは遠ざかり、3年夏は南北海道大会ベスト8敗退。  駒澤大進学後は、1年春から東都大学野球2部リーグで登板。秋には先発登板も果たしたが、野球部を退部し、大学も退学。  2017年から苫小牧駒澤大に再入学すると、リーグ規定により1年間公式戦に出場できなかったものの、この期間にトレーニング方法を見直し球速アップに成功した伊藤。2年春にリーグ戦デビューすると、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインなどを獲得する活躍でチームを全日本大学野球選手権に導いた。  その後は故障などもあったが、2年、3年と連続で侍ジャパン大学代表に選出されるなど、最速155キロの剛腕として今秋ドラフト1位候補と呼ばれるまでに成長した。  白樺学園時代の河村は、伊藤と同様に1年秋から全道大会のマウンドを経験。函館商との2回戦では、7回3失点で完投勝利を挙げた。エースとして臨んだ3年春の全道大会ではベスト4、夏には北北海道大会を勝ち上がり、甲子園出場。下関商との1回戦で敗れはしたが、先発して5回3失点で全国デビューを果たした。  高校卒業後はの亜細亜大に進学したが、登板なしのまま中退。2017年から星槎道都大に再入学し、2年春にリーグ戦デビュー。身長192cmの長身から繰り出す最速150キロの速球を武器に、秋、そして翌春とリーグ戦優勝に貢献。3年の11月には侍ジャパン大学代表候補の強化合宿にも参加するなど、注目される存在となった。  ちなみに、2人は高校3年春の全道大会準決勝で対戦を果たしている。先発し4回2失点と粘りの投球を見せた河村に対し、4番手で1回2/3を無失点に抑えて試合を締めた伊藤。伊藤登板時には河村は既に降板していたが、投げ合いが実現していたのだ。このときは伊藤に軍配が上がったが、もしもこの先投げ合いが実現したら、今度はどちらが投げ勝つだろうか。  過去には落合博満や後藤光尊らが強豪大学を中退し、社会人野球経由でプロ入り、活躍を見せた。近年では埼玉西武の岸 潤一郎が拓殖大学を中退、独立経由でのプロ入りを果たした。大学再入学からのプロ入りとなると異例ではあるが、また一つの新しい道となることだろう。  ともに北海道の地で育ち、甲子園を経験し、東都大学のチームに入部。その後中退を経て、地元北海道の大学へ再入学。そして最速150キロオーバーの右腕として、ドラフト候補へと成長した伊藤と河村。2人が来年以降、どのような進路を取るのか注目したい。

林 龍也

【関連記事】