Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンダー2万円スマートウォッチの王道:タイメックス「メトロポリタン R」レビュー

配信

ギズモード・ジャパン

「あれ、どこかで見たことある」と思った人は、さすが。 米Gizmodoが今回レビューしたのは、Timex(タイメックス)のスマートウォッチ「Metropolitan R(メトロポリタンR)」。このデザインを見てデジャヴュと感じた人は、おそらく最近のスマートウォッチ事情にかなり詳しいのでは? じつは、あるブランドとのコラボレーションになっているのだとか。ぜひ、記事内(最後のほう)で答え合わせしてみてください。 【全画像をみる】アンダー2万円スマートウォッチの王道:タイメックス「メトロポリタン R」レビュー ※ヒント:Skagen Falster 3じゃないよ。

価格のわりに、プレミアム?

低予算なスマートウォッチが進化を遂げてきたのは、ここ数年のこと。カラーのAMOLEDタッチスクリーン採用で、GPSトラッキング搭載、さらにデザイン性の優れたスマートウォッチとなると、かつては300ドル以上したものです。それが今は、基本的な機能がそろったスマートウォッチが200ドル以下でいろいろと選べるようになりました。 タイメックス最新のMetropolitanスマートウォッチは180ドルという価格にして、そのなかでも比較的ハイエンドなモデルだと評価できます。たとえば、Fitbit Versa Liteは160ドル。20ドルという価格差ですが、Metropolitanには(同価格帯ではレアな)GPS機能がついてきます。また素材にも注目すると、セラミック製のベゼルリングにゴリラガラス(Gorilla Glass)採用のスクリーン、レザーストラップなど、プレミアムなのがわかります。 通常、200ドル以下のスマートウォッチの場合、ストラップやスクリーンの質、ソフトウェアに価格が表れることもあります。それはときにパフォーマンスの低下、タッチスクリーンのスワイプ反応スピード、記録の正確さなどでちょっとした問題になることも。Metropolitanはどうでしょうか? Timex Metropolitan R これは何:タイメックスの格安ライフスタイルスマートウォッチ いくら:180ドル 気にいった:バッテリー寿命の長さ。価格の割に良きデザイン。レザーシリコンのハイブリッドストラップ 気になった:GPS信号の遅延。値段には、"ブランド費"が含まれている。

【関連記事】