Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「生涯年収と学歴」って、どんな相関関係があるの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

「仕事をする上で、学歴は関係ない」と感じたことがある人は、多いのではないでしょうか。 業務の現場では、実践力と職場への貢献度が大切です。事務や接客などの身近な職種をみても、与えられた職務をこなし、きちんと成果を上げていれば、どんな学歴かは問題ではないというケースがほとんどではないかと思います。 一方、仕事に対する対価、いわゆる収入面に目を向けてみると、どうでしょうか? ここでは学歴の差を感じた経験がある人は、多いかもしれませんね。

データに見る「学歴」と「生涯年収」

では実際のところ、学歴によって生涯年収にはどのぐらいの差が出るものなのでしょうか?  独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2019」では、平均的な生涯年収を厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに推計しています。 資料では、転職をしている場合や、生涯非正規を続けた場合など、いくつかのパターンについて確認することができます。今回はわかりやすいように、60歳まで同じ会社に勤めることを想定した「同一企業型」について、確認してみましょう。なお、ここでの生涯年収に退職金は含まれていません。  男性  ・高校卒:2億5500万円  ・高専・短大卒:2億4970万円  ・大学卒:2億8970万円  女性  ・高校卒:1億8540万円  ・高専・短大卒:2億130万円  ・大学卒:2億4660万円 あくまで推計ですが、男性だと大学卒と高校卒では約3,000万円、女性では大学卒と高校卒では約6,000万円もの差があることがわかります。 参考「ユースフル労働統計2019」独立行政法人労働政策研究・研修機構

データに見る「学歴」と「退職金」

では、先ほどの計算には含まれていなかった「退職金」についてはどうでしょうか。 今度は、厚生労働省の「平成30年(2018年)就労条件総合調査 結果の概況」より、平成29年(2017年)の1年間において勤続20年以上かつ45歳以上の退職者の1人当たり平均退職給付額を確認してみましょう。 こちらは、男女別ではなく、「管理・事務・技術職」と「現業職(管理・事務・技術職以外)」の区分にて、学歴別、ケース別にまとめられています。なお、こちらのデータは会社員のみで、公務員は含まれていません。  大学・大学院卒(管理・事務・技術職)  ・定年:1983万円  ・会社都合:2156万円  ・自己都合:1519万円  ・早期優遇:2326万円  高校卒(管理・事務・技術職)  ・定年:1618万円  ・会社都合:1969万円  ・自己都合:1079万円  ・早期優遇:2094万円  高校卒(現業職)  ・定年:1159万円  ・会社都合:1118万円  ・自己都合:686万円  ・早期優遇:1459万円 比較しやすいよう「管理・事務・技術職」の区分で、「大学・大学院卒」と「高校卒」を見てみると、すべてのケースにおいて、200~370万円ほどの差があることがわかります。 参考「平成30年就労条件総合調査 結果の概況 退職給付(一時金・年金)の支給実態」厚生労働省

【関連記事】

最終更新:
LIMO