Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

配信

サライ.jp

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。 文/藤田達生(三重大学教授) 天守をもつ最北端の近世城郭・松前城とその城下町は、一度は訪ねてみたい城郭だった。私たちは、雨が降り始めた夕刻の寺町を散策した。ここには、15の寺が整然と配置されている。城館の北に墓所や寺を配置するのは、「道南十二館」時代以来のものである。 私たちが訪れたのは、松前藩の菩提寺の阿吽寺である。当寺は、所在を何度か変えている。もともと、安東氏の菩提寺として津軽十三湊(青森県五所川原市)に建立された寺院であるが、安東盛季が南部氏との戦いに破れた後、津軽海峡を越えて大館に鎮座したという。 平安時代の作といわれる本尊の不動明王像は、安東氏が十三湊から持って来たものらしい。さらに大館から、福山館(松前城の前身城郭)の鬼門を守るため、元和3年(1617)頃に当地に移ったという。確かに、ここは城の丑寅すなわち北東方向に位置しており、城と城下町の鎮守となっていることがわかる。 ご対応いただいた奥様のお話によると、明治元年(1868)の箱館戦争における城下町の火災により、寺の大部分が焼失してしまったが、本堂の奥にある土蔵のみは火災を免れたため、貴重な文化財が守られたという。また、火災により失われた山門であるが、松前城の北東側にあった城門を移築し、現在の山門となっている。 寺町からは、北前船の接岸施設のあった海岸部まで向かった。ちょうど道の駅「北前船松前」のテラスからそれをながめることができた。大規模とはいえないが、係留施設があったと思われる岸壁と、艫綱を結ぶ杭を固定した岩礁に穿たれた無数のピット(穴)が認められた。

江戸時代活躍する北前船は、蝦夷地と商都大坂を往復した。道南の有力寄港地としては、箱館・松前・江差・熊石・上ノ国があげられる。古代以来、これらの地域と奥羽の十三湊などを結ぶ交易ルートが存在し、中世には確実に出羽から若狭まで含めた広大な交易圏が形成されていた。それに関係するのが、藩主松前家すなわち武田氏の由緒である。 蠣崎武田氏の祖と位置づけられている信広は、若狭守護武田氏との血縁を主張している。蠣崎氏の名字の地は、南部氏の領内にあたる陸奥国糠部郡蠣崎(青森県むつ市)にあった。蠣崎氏は、ここから蝦夷地に渡ったといわれる。信広は上国花沢館の蠣崎季繁の婿養子となり、蠣崎姓を称した。 長禄元年(1457)、志苔(函館市)で和人とアイヌ人との間に起きた対立をきっかけとするコシャマインの戦いが勃発した。当初は道南十二館のうち10館までが陥落し、和人たちはアイヌの攻撃に敗退したが、信広が和人を組織して反撃した。その結果、七重浜(北斗市)においててコシャマイン父子を射殺して首を取り、この大規模な民族紛争は終結した。 武田信広の武名が蝦夷地に広がったのは、この時である。彼は、16世紀末頃まで日本海側での政治・軍事・交易の一大拠点だった勝山館(上ノ国町)を築城した。 ただし、この段階の蠣崎氏は、安東氏の代官的な地位に過ぎなかったし、道南地域の一勢力程度だった。自立した大名(正確には交代寄合の大身旗本)になったのは、一世紀も後の松前藩の初代・松前慶広(1548~1616)の時のことだった。 安東家からの自立は、天正18年(1590)の豊臣秀吉による奥州仕置がきっかけとなった。慶広は、安東実季の上洛に蝦夷地代官として動向した。慶広は、奥羽取次の前田利家を仲介役として秀吉に目見えし、所領を安堵されたうえで従五位下民部大輔に任官された。これは、以前に津軽半島編でもふれた津軽藩初代藩主・津軽為信の南部氏からの自立と同様のパターンだった。

【関連記事】