Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハリス氏が選挙遊説を一時中止 陣営のスタッフら2人が感染 バイデン陣営から初の感染者

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 アメリカ民主党の副大統領候補カマラ・ハリス氏が、大統領選挙に向けた遊説を一時、中止すると発表した。スタッフら2人が新型コロナウイルスに感染したということだ。 【映像】バイデン陣営から初の感染者  民主党のバイデン陣営は15日、カマラ・ハリス氏の広報部長と航空機の乗組員の2人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを明らかにした。2人は、8日にハリス氏と機内で同乗したが、感染が発覚する前の48時間は接触していないということだ。  CDC=疾病対策センターの基準では、ハリス氏は濃厚接触者には当たらないものの、「十分な注意を払う」として、ノースカロライナ州への訪問を取りやめ、18日まで遊説を中断するとしている。バイデン陣営から感染者が出たのは初めてでハリス氏はオンラインでの選挙活動を継続する方針だ。  また、バイデン候補もチャーターした飛行機に同乗した乗組員が感染していたとツイッターで明らかにした。15メートル以上離れた席で接触はなく、その後、14日の検査でバイデン氏の陰性が確認されたことから自主隔離の必要はなく選挙活動は制限しないということだ。(ANNニュース)