Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カンニング竹山、伊勢谷友介被告の保釈決定も「どうしても引っかかるのは入手経路を言わないっていうこと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 30日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・前11時55分)では、自宅で大麻を所持したとして大麻取締法違反の疑いで逮捕された俳優・伊勢谷友介被告(44)が保釈保証金500万円でこの日にも保釈されることを速報した。  伊勢谷被告が29日に「責任感が欠如していた」などの直筆の反省文を公表したことについて、コメンテーターで出演のお笑いタレント・カンニング竹山(49)は「僕は個人的には、薬物の問題の人もいずれ復帰していかなければいけないという考えなんですけど」と前置きした上で、「反省なさるのはすごく分かりますけど、一つ、どうしても引っかかるのは入手経路を言わないっていうことがあって。僕は個人的には保釈はないって思っていたんですよ。入手経路を言わない、思い切り黙秘しますで保釈ってことは、やっぱり、ここから裁判終わって刑が決まったとしても復帰する時にどこか引っかかりますよね。なんで?って」と続けていた。

報知新聞社

【関連記事】