Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「心臓が痛い」動物の虐待防止広告 子犬捨てる親子を非難した理由  柔らかな絵に突然「犯罪者」の文字

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

愛くるしい表情で、私たちに癒やしを与えてくれるペットたち。「面倒を見切れない」といった理由によって、飼い主に捨てられてしまうケースが後を絶ちません。こうした現状に一石を投じようと作成された啓発広告が、大きな話題を呼んでいます。優しいタッチで描かれたイラストににじむ、「動物の遺棄や虐待を絶対許さない」という強烈なメッセージ。ショッキングな一枚が誕生した背景について取材しました。(withnews編集部・神戸郁人) 【画像】「遺棄も虐待も、絶対許さない」震えるほどの覚悟が伝わる広告 命軽んじる人々に向けた強烈な言葉

「これは犯罪者のセリフです」

今年7月1日、日本動物愛護協会が手がけた、ある広告が公開されました。 淡い色調で描かれた、母親と幼い子ども。収まった箱から、顔を突き出す子犬の前に、悲しげな表情でしゃがみこんでいます。そして「親切な人に見つけてもらってね」「いままでありがと」というセリフによって、二人が子犬を捨てる場面であることが示されます。 その下に視線を移すと、白無地の背景に、こんな一文が浮かび上がるのです。「優しそうに聞こえても、これは犯罪者のセリフです」「どんな理由があろうと、どんなに心を痛めようと、動物を捨てること・虐待することは犯罪です」。 同月に画像がツイートされると、「心臓が痛い」「本当にその通り」といったコメントがあふれました。この広告は新聞や雑誌で見られるほか、同じモチーフのテレビ・ラジオCMも放映中です。

軽く捉えられてきた動物への虐待行為

絵柄と内容のギャップが、見る人に衝撃を与える今回の広告。どのような狙いから生まれたのか、日本動物愛護協会の廣瀬(ひろせ)章宏事務局長を取材しました。 広告は、動物の適正な飼育を呼び掛けるため、ACジャパンによる支援事業の一環として制作されました。昨年7月~今年6月末に同じ枠組みで展開された、飼い猫への接し方について伝える「にゃんぱく宣言」キャンペーンに続く、第二弾の取り組みに当たります。 警察庁によると、昨年1年間に摘発された動物虐待事件は、105件に上ります。統計を取り始めた2010年と比べ3倍超となり、過去最多でした。 今年6月1日には、愛護動物の取り扱いを厳格化する目的で、改正動物愛護法が施行。みだりに殺傷すると5年以下の懲役か500万円以下の罰金、ネグレクトや遺棄などの虐待を行った場合は、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科されるようになりました。 「私が入職して間もない頃も、飼い主に捨てられた猫が虐待され、命を落とすという事案がありました。外部から相談を受け、保護を検討していたさなかのことです。今も悔しさや無念さは消えません。愛護動物の遺棄や虐待は、犯罪行為であるにもかかわらず、軽く考えられがちなのではないでしょうか」 今年度もACジャパンの支援団体に選ばれ、廣瀬さんたちは「動物の遺棄・虐待の防止」をテーマとしたキャンペーンを提案。テレビとラジオCM、そして新聞・雑誌向け広告の形に仕上げました。 柔らかい世界観を、あえて破壊する構成としたのは、30~40秒のCMを念頭に置いた判断です。短い時間で、いかにわかりやすくメッセージを表現するか。検討の結果、優しい雰囲気のイラストと、「犯罪者」という強い印象を持つ言葉の組み合わせに結実しました。

【関連記事】