Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人生の歩みを音に刻む、ジョン・レノンの主要アルバムを徹底解説。

配信

Pen Online

自宅で過ごす時間が長いいま、名作をじっくりと聴いてみるのはどうだろうか。ジョンが残した6枚のオリジナル・アルバムには、その時々の彼の素顔が描かれている。ソロ・デビュー前や没後の作品も含め、時代とともに解説する。 【関連記事】怒れるジョンとヨーコの、エネルギッシュな闘争宣言集。 1970年『ジョンの魂』──素顔のジョンの魂の叫びを集めた、初のソロ・デビュー作。 1. マザー(母)/ MOTHER 2. しっかりジョン /HOLD ON 3. 悟り/I FOUND OUT 4. ワーキング・クラス・ヒーロー(労働階級の英雄)/ WORKING CLASS HERO 5. 孤独/ ISOLATION 6. 思い出すんだ/ REMEMBER 7. ラヴ(愛)/ LOVE 8. ウェル・ウェル・ウェル/ WELL WELL WELL 9. ぼくを見て/ LOOK AT ME 10. ゴッド(神)/GOD 11. 母の死/MY MUMMY'S DEAD ジョンはヨーコとの出会いにより、ビートルズ時代の巨大なパブリック・イメージから解放され自由になった。さらに1970年4月からアーサー・ヤノフ博士による精神療法「プライマル・スクリーム」を受けることで自らの弱さや劣等感やトラウマと向き合い、見栄やプライドを捨て素顔になることで、ありのままの自分を飾らず率直に、赤裸々に表現できるようになった。その成果が本作である。 リンゴ・スターとクラウス・フォアマンという気心の知れた仲間と行ったトリオ演奏を基本とする本作は、極限まで音を削ぎ落とし、ストイックなまでにシンプルかつミニマルなサウンドをもつ。ほとんどエフェクトを施さないナマのままの楽器の音、そして魂を振り絞るように叫び、囁くジョンのボーカルがあまりに生々しい。そこにリスナーは単なる音楽作品というよりも、人間ジョン・レノンの赤裸々な姿を見た。「母さん、行かないで、父さん、戻ってきて」と絶叫する(1)、自らの出自を歌う(4)、ピュアで簡潔で美しいラブソング(7)など、むき出しの感情と肉体を突きつけてくるような名曲が並ぶ。極め付きが「キリストを信じない」「ボブ・ディランを信じない」「ビートルズを信じない」と畳み込むように叫び、「僕とヨーコだけを信じる」とそっと歌う(10)。自らが影響を受け人生の大きな部分を占めてきたものを「信じない」とすることで、ヨーコとの出会いで生まれ変わり新しくなった自分を歌うのである。 装飾を排し、本質だけを提示する音と言葉ゆえ、時代に左右されることなく発売後、半世紀が経っても古びることのない不朽の名作。

【関連記事】