Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「金5きんご活動」広がる 鹿児島市の飲食店など

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 毎週金曜日の夕方5時から一斉に、店の消毒や清掃作業をする「金5きんご活動」が、鹿児島市で広がりつつある。新型コロナウイルス対策を発信し、安心して飲食店や商店街を訪れてもらおうという取り組み。 【写真】開店前一斉に店内を消毒する店員ら=鹿児島市中央町のおにくのくにお

 2回目となる21日夕、同市中央町の一番街商店街では、隣接する店の従業員らが声を掛け合って開始。店内のテーブルやメニュー表を拭いたり、除菌をしたりした。  SNS上では鹿児島中央駅周辺や天文館地区の飲食店から、参加を示す投稿が増えている。階段の手すりや椅子、ドアの取っ手まで丁寧に消毒する様子も、写真や動画で紹介されている。  呼び掛けたのは、県内で県産肉の料理を販売するイベント肉月灯を開いてきた実行委員会。委員長の川尻強人さん(36)は「金5」の文字をあしらった黄色のステッカーを作製し、商店街や賛同する店に配布している。  名称は、鹿児島弁のぴかぴかという意味の「きんごきんご」にちなむ。「来店客からどういう意味、と尋ねられることが多く、関心を持ってもらっているようだ。面白おかしく皆で取り組めたら」と話した。

【関連記事】