Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

おしゃれすぎる…ハイクオリティ「ダイソー330円ミニ財布」全色買いする人も

配信

LIMO

経済産業省が2019年10月よりスタートさせた、「キャッシュレス・消費者還元事業」。対象店舗でキャッシュレス決済を利用することで、金額に応じたポイント等が還元されるというシステムのおかげで、キャッシュレス決済を使い始めた人も多いことでしょう。 この記事の写真を見る キャッシュレス化の最大のポイントは、支払いのスピーディーさ。スマホだけで決済が完了してしまうことも多く、小銭を用意する手間もかかりません。これによって、財布の軽量化もトレンドとなっています。

キャッシュレス化の波はまだまだ止まらない?

MMD研究所とビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社が共同で行った「【第二弾】2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査」では、月1回以上キャッシュレス決済を利用する20~69歳の男女1,500人に、キャッシュレスに関するアンケート調査を行っています。 キャッシュレスに対しては「支払いのスピーディーさ」「お得である」というメリットを感じており、今年6月にポイント還元事業が終了した後の利用頻度に関しても、多くの年齢層が「利用頻度は増えると思う」と回答しています。

頻繁に買いものに出かける主婦たちの声

日頃から頻繁に買いものに出かける主婦たちの声をきいてみても、キャッシュレス決済を利用しているという声が多く集まりました。 「年明けからキャッシュレス決済をよく使うようになり、今までの長財布をミニサイズに変更。軽くて小さい財布に慣れてしまうと、長財布には戻れませんでした」(31歳・専業主婦) 「基本的にはキャッシュレス決済を利用しています。やはり手軽なのがいいですね。でも近所のスーパーはまだ対応していないので、お札も入る三つ折り財布を使っています」(37歳・パート) 一度キャッシュレス決済の便利さに気づいてしまうと、大きな財布を持ち歩くこと自体が手間に感じられるという面もあるかもしれません。一方で、キャッシュレス決済に未対応の店舗もあるため、財布の選び方はライフスタイルによるところが大きいでしょう。

【関連記事】

最終更新:
LIMO