Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松山英樹「良くなっていることは間違いない」 プレーオフ初戦に向け意気込み

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフネットワーク

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦、ザ・ノーザントラスト(20~23日/米マサチューセッツ州/TPCボストン)に出場する松山英樹がインタビューに答えた。 【動画】語り継がれるコリン・モリカワのミラクルショット/全米プロ最終日 ー2週ぶりの大会だが調子は  簡単に「絶好調です」とはなかなか言えないですが、だいぶ良くなっていることは間違いないです。  悪かった原因が少しずつ見えてきてそれを直しているところですが、こればっかりはやってみなければ分からないと思うので、不安はずっとありますが、良いプレーができればと思います。 ー全米プロゴルフ選手権(22位タイ)について  ショットが荒れてしまってチャンスがなかなか無い中で良く粘れましたが、その中でもショートゲームのミスが何箇所かありました。  反省するところはたくさんあったと思いますが、そのショートゲームが良くなってきているので、そこは自信を持ってやっていきたいなと思います。 ーレギュラーシーズンを振り返って  試合が無くなったりしているので違和感はありますが、やはりシーズン再開後はなかなか良いプレーができていないので、悔しい思いはしています。  だからといって気持ちだけではどうにかなる問題じゃないので、その気持ちと技術が伴ってるくるようにできたら良いなと思います。 ーストローク・ゲインド・ティー・トゥ・グリーンはいい数字  数字では表れないところがたくさんあると思うので、パッティングはずっと悪いですし、少しずつ良くなっている部分も自分の中ではあります。  良いところと悪いところをしっかりと自分の中で「今はここが良いんだ」と許してあげながらできれば良いと思います。 ー今後に向けて  パッティングは常に課題ですが、今はショットがうまく打てるようになれば自信を持ってプレーできるようになると思います。  練習ではできていますが、試合でスピードが上がってしまったり、嫌なシチュエーションだったりでできなくなってしまいます。メンタルの部分もあると思うので、克服できるようにやっていけたら良いなと思います。 ーTPCボストンの印象は  2年前に4位(デルテクノロジーズ チャンピオンシップ)で予選落ちもないですが、あまり良い成績も出ていないという不思議なコースです。  ティーショット、グリーン上をしっかりやらないと難しいコースだと思うので、しっかりできればと思います。 ー目標は  一打一打集中してできるように頑張りたいなと思います。

【関連記事】