Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井“棋聖”に「“帰省”した時に」地元の伝統品にオムライス、スイーツ…最年少タイトルで商店街は祝福ムード一色

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東海テレビ

地元の伝統品「瀬戸焼」でも藤井新棋聖の誕生を祝った

 藤井新棋聖の地元・愛知県瀬戸市などでは、タイトル獲得から一夜明けた17日も歓喜に沸いていました。地元の商店街では、似顔絵入りのオムライスやスイーツも登場、そして伝統品でも快挙達成を祝いました。 対局中に“現役最強棋士”も唸る…敗れた渡辺三冠も「凄い人がでてきた」と“新棋聖”を絶賛  ついにやってきたその瞬間…史上最年少、藤井聡太棋聖の誕生です。

瀬戸市の商店街のギャラリー: 「ばんざーい、ばんざーい!(くす玉が割られて)うおー!!」、 瀬戸市の商店街では狂喜乱舞。 瀬戸市民の女性: 「歴史が変わるって思って。ここにいられて本当に幸せでした」 瀬戸市民の男性: 「僕らも本当に応援してきて、夢が実現して、こんなに幸せなことはないなと思います」 商店街のシャッターを使う「シャッター大盤」で、3年ほどにわたり藤井新棋聖の対局を応援してきた女性は…。

シャッター大盤で応援してきた飯島さん: 「町の人たちの喜びと熱気というか、本当にいろんな人が応援していて見守っていたんだなと。藤井棋聖誕生ですね!やばーい。よかった、よかったですね…」 地元からの「棋聖」誕生を祝って、瀬戸らしく「最年少タイトル獲得、藤井聡太棋聖おめでとう」と書かれた瀬戸焼のおちょこの記念品も。

歴史的勝利から一夜明けた17日、瀬戸市役所には「藤井棋聖」誕生を祝う懸垂幕が。市民からも祝福の声とともに「王位」タイトルへの期待の声があがりました。

市民の女性: 「素晴らしいね。瀬戸の誇りですよね」 別の市民の女性: 「次(王位戦)勝てば二冠?楽しみですよね」 市民の男性: 「コロナ話題ばっかりでそれ一色になっているので、その中で勇気を与えてもらえるというか。強い方もどんどん撃破されているので、王位戦もとってもらいたいなと思っています」  一方、市内の喫茶店では、オムライスにケチャップで器用に描いているのは「藤井新棋聖」の似顔絵。「棋聖」の文字もちゃんと入っています。

喫茶スマイル: 「昨日勝ってくれたので、1.5倍のジャンボオムライスを作りました。(藤井棋聖を)調べたところ、キノコが嫌い、バターライスが好きということだったので、バターライスでキノコを抜いたオムライスにしました。瀬戸に帰省(棋聖)した時に食べてください」

【関連記事】