Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダイアモンドユカイが語る、トイ・ストーリー『君はともだち』を24年歌い続けた心境の変化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

8月23日(日)、女優で声優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)に、ロック歌手のダイアモンド☆ユカイが出演。映画『トイ・ストーリー』シリーズで、1作目から日本版主題歌『君はともだち』を歌うダイアモンド☆ユカイが、同曲との思い出を語った。

『トイ・ストーリー』は、日本では1996年に公開されており、戸田も第1作から登場した羊飼い人形のボー・ピープの声優を担当している。そして昨年2019年に公開された『トイ・ストーリー4』では、いつまでも変わらない“友情”について歌った名曲『君はともだち』が、23年ぶりに新録された。 戸田:『君はともだち』は、録り直しをしたと聞いていますけど。 ユカイ:そう、24年前に初めてこの話をもらった時は、まだ子供も授かっていなかったから、「なんで俺がこんな……」そんな気持ちで……。ちょっと高飛車だったんですよ。昔ね。 戸田:高飛車というか、分かります(笑) ユカイ:ロックンローラー、威張っていたし。『何でロックンローラーがディズニーの歌を歌うんだ』、みたいな気持ちで歌っていたんです。 戸田:うんうん。 ユカイ:それが、歌ってみたら、凄くいい感じでね。ずっと20何年も歌ってきたんですけど、その間に『トイ・ストーリー』にも2、3が出て、この間は4が出て。なんか、『トイ・ストーリー』とともに成長して、自分も子供を授かったりして。そうしたら、「もう一度、収録しませんか?」と。23年間歌ってきた、今年で24年目ですけど、そういう歌をもう1回収録できるということで、これはありがたいなと。 戸田:気持ち、やっぱり違いましたか? ユカイ:メロディーは一緒なんですけど、聞いていると全然違う感じになりますね。この23年間のいろんなことが歌に詰まっているというか。歌って、面白いですね。

【関連記事】