Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長野県内で初めて教職員が感染 中野市の20代男性 学校内で接触者がいる可能性 累計で102人に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

長野県内で新たに「新型コロナウイルス」の感染者が発生したことがわかりました。 感染が確認されたのは、中野市の20代の男性教職員です。男性は、27日に下肢痛、28日に発熱・咳の症状があらわれ、医療機関を受診、新型コロナ北信検査センターで検体を採取し、29日「陽性」が判明しました。男性は感染症指定医療機関に入院しましたが、症状は軽いということです。県内での教職員の感染ははじめてです。 県によりますと、男性は発症前2週間は県外への訪問はないということです。濃厚接触者は、現時点で家族8人ですが、県は、学校内で複数の接触者がいる可能性があるとして、調査を進めています。 県内では29日、このほか3人の感染が確認されました。諏訪市の10代の女子児童、飯田市の会社員の40代男性、松本市の会社員の20代男性です。 県内での感染者は累計で102人となりました。

【関連記事】