Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ対策、高速SAなど運営会社が新しいサービス 名古屋

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 高速道路のサービスエリアなどを運営する中日本エクシス(名古屋市)が新型コロナウイルスの感染対策について独自のガイドラインを策定しました。  サービスエリアやパーキングエリアなどの商業施設におけるこれまでの新型コロナ感染予防対策を、新しい生活様式に対応させたということです。  来月1日の営業自粛の解除に向けてまとめたもので、(利用客の安心感を高めるため)買い物かごをセルフで消毒できる体制づくりや客同士が向かい合わせにならないよう椅子の配置を工夫、テーブルに間仕切りのアクリル板などを設置するといいます。  新しい生活様式で変わる利用客のニーズをとらえて新サービスを提供していく考えです。

中京テレビNEWS

【関連記事】