Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

偏差値だけでなく「真水倍率」も受験校選びの参考に 【中学受験】

配信

ベネッセ 教育情報サイト

森上教育研究所では、実合格率の分子である実受験者数から水増合格者分を差し引いた受験者数を実合格者数で割った「真水倍率」が受験校選びの参考になると考えています。「真水倍率」とは、実際に手続して入学する受験生だけの正味の倍率という意味です。どのように活用すればよいのか、具体的にご紹介します。

「真水倍率」を活用して合格可能性を考える

どの学校を受験するのかを決める際は、どのご家庭も合格可能性を考えて学校選びをするかと思います。入試は有名校になればなるほど1回限りです。しかも同じ日に別の学校も入試があるのですから、可能性のない学校の入試を受験すること自体はよいとしても、そのために別の中学校に進学する機会を損なうのは得策とは言えません。同じ学校を2度受けられる場合、もう一度チャンスがありますが、2度目は多くの場合、1度目より難化しています。 そこで、どの学校を受ければより合格可能性が高いかを考える場合、通常は模試を受けて偏差値を出し、学校ごとの合格可能性を判定することになります。多くの模試では80%の可能性か50%の可能性か、合格可能性をかなり高い精度(ただし6年生の後半)で出してくれます。 従って偏差値自体を使わない手はないのですが、その学校の合格可能性80%の偏差値の学力があったとして、それだけの学力があれば8割の人は合格しているということですから、実は多くの受験生は更に上を目指し、「それならもうワンランク上の学校にも挑戦しよう」と考え、その際は50%の可能性の学校も受けようとします。半分は不合格になりますから、かなりリスクの高い挑戦といえます。 合格可能性を考える方法は、実はもう一つあります。それは単純明快で、受験の倍率で合格可能性の高いほうを受験するという方法です。 今回は、「真水倍率」という考え方を用いて考えてみます。真水倍率とは、実際に手続きして入学する受験生だけの正味の倍率という意味です。実合格率の分子である実受験者数から水増合格者分を差し引いた受験者数を実合格者数で割ると、真水合格率がわかります。

【関連記事】