Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

陸上経験ゼロの37歳社長がアジア金メダル 「本気」になった男4人の9か月の挑戦物語

配信

THE ANSWER

セルソース社長と3人のスプリントコーチがアジアマスターズを制覇するまで

 この冬、陸上未経験の上場企業社長と、3人の元陸上選手が、アジアで金メダルを獲得した。12月にマレーシアの地方都市クチンで行われた陸上のアジアマスターズ、M35(35歳以上)4×100メートルリレー。優勝したのは、日本代表チームだった。 「試合に練習の成果が出て、本気のガッツポーズをするなんて、この年で普通ないじゃないですか。仲間との達成感を自分が意志決定することで得られた。本当に素晴らしい経験ができたなと思っています」  そう語ったのは裙本理人、37歳。再生医療を手掛ける「セルソース」の経営者である。昨年、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場し、急成長する新興企業。しかし、陸上経験ゼロの男がなぜ、アンカーを務め、金メダルを手に入れるに至ったのか。  4人のストーリーを紐説くと、大人たちの「本気」のストーリーが見えてきた。  きっかけは裙本と2人の元スプリンターの出会いにある。伊藤友広と秋本真吾。アテネ五輪1600メートル4位と元200メートル障害アジア記録保持者の37歳だ。スプリント指導のプロ組織「0.01 SPRINT PROJECT」を主宰し、プロ野球、Jリーグなどトップアスリートから全国の小学生まで指導を手がけ、陸上界で注目の存在。同い年の裙本は2人のプロスプリントコーチと昨春に知り合った。 「セルソース」所属となったマラソンの神野大地を短距離出身の2人が指導することになり、タッグを結成。当時、秋本は指導のデモンストレーションをする際に負った右膝の半月板損傷で、痛みを抱えている状態。そこで「セルソース」が手掛ける再生医療の「PRP-FD注射」を用いて復活を目指すことに。初めて治療を受けた日に設けられた関係者の食事の席で、秋本は裙本に提案した。 「マスターズって面白いんですよ。良かったら、リレー出てみませんか?」  秋本は前年、「コーチングだけでなく、走って見せられる指導者でいたい」という思いから一念発起し、世界マスターズに挑戦。その面白さを知っていた。何気なく言ったひと言。ただし、裙本は5歳から社会人まで剣道に打ち込んでおり、最近はトライアスロンに励むなど、スポーツ愛好家ではあるが、陸上は未経験。いきなり本格的なマスターズはハードルが高い……はずだった。 「面白そうですね、やりましょうよ」。答えは、予想外に乗り気な言葉だった。 「多少不安はあったけど、基本的に楽観的なんです」と裙本。「何より最高のコーチ陣がいる。指導を受ければそれなりになると思ったし、ここでやらなかったら短距離をやるチャンスなんてない。故障からアスリートが復活する支援の過程を間近で見て、一緒に体験できるなんて刺激になるだろうと。1人だったらやらないけど、同世代の仲間もいる。直感です」と当時を思い返した。  まさかの返答で始まったマスターズ挑戦の道。同席していた伊藤も巻き込み、翌年の世界マスターズ出場を目標にスタートしたが、裙本が海外サイトを調べ上げ、年末にアジアマスターズがマレーシアで行われると知り、「アジアで金メダル」と軌道修正。秋本と同じように北海道でプロスプリントコーチとして活動する元全日本実業団100メートル優勝の35歳・仁井有介に声をかけた。 「何よりも思いを共感できる人と一緒にやってみたかった」と伊藤。優勝を狙うだけなら、元オリンピアンを集めればいい。しかし、1人の陸上未経験者と3人のスプリントコーチで、夢を追うから面白い。こうして「M35クラス」で異色チームが結成された。

【関連記事】