Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朗読会に足を運んだ認知症女性 会心の笑みで大拍手

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 認知症の母(85才)を支える立場である『女性セブン』のN記者(56才)が、介護の日々の裏側を綴る。今回は、「朗読劇」にまつわるエピソードだ。

 * * *  認知症の母と一緒に朗読劇を見に行った。母は芝居も好きだが、読書は超がつく愛好家。しかし本を読む舞台というものを理解して楽しめるだろうか。不安もあったが私も初めての経験。母と“わくわく”を共有した。

“母の世界”を広げる本は、生涯のよきパートナー

「(永井)荷風はね、粋で奔放で本当に魅力的な人よ。太宰(治)はちょっとダメ男だけど、そういうところに女の人は惹かれちゃうのよね」  まだ幼い私に、母はよく楽しそうに話して聞かせた。カフウやダザイとはまるで旧知の仲のように話すので、彼らが日本を代表する作家と知ったのはずいぶん後のことだ。私が子供の頃住んでいた団地の壁には、文学全集から読み古した文庫本まで、母の愛読書がズラリと並んでいた。 「ママ、字ばっかりの本、おもしろい?」と、幼心に本気で聞いた覚えがある。「おもしろいよ! 本を読むと行ったこともない外国で冒険したりもできるんだよ」と、確かそんなふうに返してきた。  私の読書量など母の足元にも及ばないが、活字を追ううちに、いつの間にか頭の中に物語の世界が広がり、主人公とともに一喜一憂するわくわく感はよくわかる。85才になった母は、ついに生涯、外国旅行には行けずじまいになりそうだが、あの本の数だけ物語の世界を歩いたのなら、相当な旅の達人だ。  そして認知症になったいまも、母はいつも本や文芸雑誌を手元に置いている。読んだ形跡があり、時々新しいものも増えている。記憶障害は進んでいるので読んだ先から忘れてしまうのだと思うが、読む瞬間、瞬間には本の世界にいて、しっかり楽しめているのかもしれない。

無類の読書好きは朗読も大好き

 少し前になるが、母と朗読劇なるものに行った。演劇は好きでよく行くが、朗読会を見に行くというのは私も初めてだった。知人が出演することもあったが、娘が小学生のとき、PTAで読み聞かせをやって以来、ひそかに朗読には興味を持っていたのだ。  演目は、歌人としても知られ、私と同い年で同じ名前、東直子さんの短編小説『とりつくしま』。母は読んだことのない作品だ。幕が上がると端正な着物姿の朗読家がスポットライトに照らし出され、情感たっぷりに読み始めた。 「あら、本を読んでるのね」  さすがの母もいつもの演劇とは違うことに気づいたようで、戸惑いを見せた。「朗読するのを見るんだよ」と慌てて耳打ちすると、母はじっと朗読家を見つめた。私もすぐに物語に引き込まれた。切ないストーリーに加え日本語の文の美しさ。それが活字でなく声で入ってくる。朗読家の心の抑揚も見え隠れした。演劇とは違う魅力だ。  見ると母は目を閉じている。「寝ちゃった!?」。やはりいくら読書好きでも、状況がのみ込めなかったか……。居眠りの舟をこいでいるのかと思ったが、朗読家の語りにうなずいているようにも見えた。  演目が終わると会場は拍手の渦。私も初めての感動で思わず大きく手をたたいたが、それを追い越すように隣の母が身を乗り出した。会心の笑みで大拍手を送っている。 「すごくよかったね!!」  もう話の筋は覚えていないだろうが、確かに感動したことが笑顔の中に残っていた。 ※女性セブン2020年10月22日号

【関連記事】