Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あすの久保建英目指すサッカーキッズが集結 愛知で名門クラブ日本アカデミーの対抗戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 もうほとんど聞かないが「三国一の花嫁」といえば、花嫁に対する最大級のほめ言葉。世界広しといえどもこんなに素晴らしい嫁はいない―という室町時代に始まった表現だそうだ。  三国とは「日本、唐土(中国)、天竺(インド)」のこと。室町当時の人々にとって“世界”とはアジアのことだった。いわゆる「大航海時代」や「キリスト教伝来」を経て、欧州などを含めた本当の広い世界が日本人の前に開けたのだ。  日本のサッカーキッズが夢見る「世界」も一昔に比べると、ぐんと広がった。欧州の強豪クラブが日本に「進出」し、小学生を対象にサッカー教室(アカデミー)を全国各地で数多く開いている。外国人コーチが最新のトレーニング理論を踏まえ、世界を意識した指導を行う。子どものころ欧州の強豪クラブに才能を認められ、現在欧州名門クラブで活躍する久保建英(ビリャレアル)や南野拓実(リバプール)らは、けして「遠い存在」でなく、「目指すべき目標」と思える恵まれた環境が整っている。  そんな“あすの久保建英”を夢見て、欧州名門クラブの日本アカデミーに通うサッカーキッズが集うサッカー大会「FLOWING11」が9月27日、愛知県口論義運動場(日進市)で開かれた。秋晴れの下、名門クラブのユニフォームを着た子どもたちが人工芝のピッチで才能をぶつけ合った。  同大会は初めての開催。名古屋のイベント会社ジークラフト(名古屋市)らで組織する大会組織委員会(委員長・本村将博ジークラフト代表取締役)が主催し、愛知県などが後援する。大会名はFLOW(流れ)とWING(翼)を掛け合わせた言葉で、子どもたちが世界へ羽ばたき、共存できる人材になってほしいという願いを込めているという。活躍した選手をたたえる賞を提供する「特別パートナー」は、フィットネスジム「FLOWFIT24」を名古屋市などで展開する4UL4TU(名古屋市)や合資会社林製麺所(名古屋市)、富士アセチレン工業(静岡県富士市)、ミライク(名古屋市)の東海圏の企業計4社が務めた。  大会には、ACミランアカデミー愛知やユベントスアカデミー東京、バルサアカデミー葛飾、レアルマドリードスクールジャパン、リバプールインターナショナルアカデミージャパン、ドルトムントサッカーアカデミーの6アカデミーが参加。Uー12(12歳以下)が出場し、試合はGKを含め8人でプレー。試合時間は前後半20分(ハーフタイムは5分)。 フィールドは正規より狭く設定(タッチライン65メートル、ゴールライン50メートル)。このため攻守が目まぐるしく切り替わる好試合が数多く生まれた。  6チームがA、Bの2つリーグに分かれ、総当たり戦で各リーグの1、2、3位を決定。その後、両リーグの1位同士が優勝を懸ける決勝戦、2位同士が戦う3位決定戦、3位同士が戦う5位決定戦が行われた。各チーム3試合戦い、計9試合の熱戦が繰り広げられた。  優勝は、FCバルセロナの日本アカデミー、バルサアカデミー葛飾が、レアルマドリードスクールジャパンを5対1の大差で下した。  閉会式であいさつした本村将博委員長は「コロナ禍の中、子どもたちに夢を与える良い大会を関係者の皆さんの協力を得て何とか開催できた」と、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮しながらの難しい大会運営を振り返った。  開会式で選手宣誓を壇上で聞く大役を務め、閉会式で特別パートナー賞「FLOWFIT24賞」を贈呈するプレゼンターを果たした4UL4TU代表取締役の大田富啓さんは「スペースをうまく使ったレベルの高い試合を堪能できた。子どもたちの将来が楽しみだ」と話した。  参加した子どもたちの投票で「最も印象的なプレーをした選手」に贈られる「MIP賞」には、チームは4位に終わったユベントスアカデミー東京の前田健造選手(12)が選ばれた。前田選手は「たくさん試合ができて楽しかった。まずはJリーガーを目指したい」と笑顔を見せた。  大会の会場となった愛知県では6年後の2026年、アジア45カ国・地域、約1万5千人の選手団が集う「第20回アジア競技大会」(9月19日~10月4日)が開かれる。この日参加した子どもたちが、サッカー日本代表に選ばれアジア大会に出場する可能性は十分ある。本村委員長は「FLOWING11で活躍した子どもたちの中から26年のアジア大会に出場する選手が生まれてほしい」と語り、来年以降も大会を続ける意向を示している。

【関連記事】