Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大沢たかお、賀来賢人ら『AI崩壊』キャスト&監督、Zoomで“リモート”トークイベント実施

配信

ぴあ

人工知能の暴走を描いた近未来サスペンス『AI崩壊』のブルーレイ&DVDリリースを記念したオンライントークイベントが5月19日、ウェブ会議などに用いられるアプリ「Zoom」にて開催された。主演の大沢たかおをはじめ、共演する賀来賢人、岩田剛典、入江悠監督が“リモート”出演し、撮影の舞台裏を語ったほか、ファンからの質問に直接回答していた。 外出自粛が続くなか、オンラインで行われたイベントについて、大沢は「こういう状況ですが、逆に(映画を)見てくれた皆さんと直接会話ができて楽しかった」とコメント。劇中では医療AIの開発者で、AI暴走後には身に覚えのないテロ容疑で追われる天才科学者の桐生浩介を演じており、「今とはまた違ったパニックを描いていて、自分がどう生きるかを考えさせる作品だと思う」とアピールしていた。 昨年1月、全国各地で大規模なロケ撮影が敢行されており、大沢は「大阪の地下水路で撮影できたことが思い出に残っています。よく貸してくれたなと…。それに名古屋では公道を封鎖して、大渋滞を撮影することもできて、感謝しています」と回想。入江監督は「今振り返ると、日本全国ですごくラッキーな撮影ができた。たくさんのエキストラさんにも参加してもらったし、こういう大規模な撮影ができる日が戻ってくることを祈っている」と事態の収束に期待を寄せていた。 賀来は主人公の義弟で、AIの管理者・西村を演じ「勝手にクールなイメージを持っていたが、大沢さんの方から話しかけてくださり、思った以上に“しゃべれちゃった”(笑)。義理の兄弟ということで、関係性を作ってくださった」と大沢に感謝の意。大沢も「気を使って、話を合わせてくれた(笑)」と振り返りつつ、「帰りにいつも、僕(の車)を追い抜いていくんですよ」と苦笑いを浮かべる場面も。 一方、警察庁のエリート捜査官を演じた岩田が、とある重要なシーンの撮影を「緊張感がありました」と振り返ると、大沢は「岩田君が隅っこで集中していて。やはり、プロはプレッシャーに負けないんだな」と感心しきり。これには岩田も「正直、陽が暮れてきて、焦りました(笑)」と告白していた。 取材・文:内田 涼 『AI崩壊』 5月20日(水)よりBlu-ray&DVD発売、レンタル開始

【関連記事】

最終更新:
ぴあ