Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前田敦子と勝地涼が別居生活、育児に参加しない夫への不満も

配信

NEWS ポストセブン

 ベージュのTシャツに黒のバミューダパンツ。6月下旬の昼下がり、元AKB48の前田敦子(28才)は、夕飯準備で賑わう都内のスーパーで、買い物かごを手に主婦の顔を見せていた。 【写真21枚】幼いわが子を抱っこする前田敦子の姿

「大きなマスクをしていたけど、すぐにあっちゃんだってわかりました。かごにはメロンを一玉入れて、それから、お刺身コーナーでじっくり選んでいました。これをつまみに旦那さんと晩酌をするのかな、いい奥さんやってるんだなぁって思いました。でもね、結婚指輪をしていなかったの。家事の邪魔になるから、外しているのかしら」(居合わせた客)

 手慣れた様子で会計を済ませると、前田は引っ越したばかりのタワーマンションへと帰っていった。

 一方、夫の勝地涼(33才)は、新型コロナの影響で休止になっていた新ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の撮影が6月から再開。だが、仕事を終えた勝地が帰宅するのは、妻・前田の待つタワマンではなく、その新居からは車で20分ほど離れた別のマンションだった。

 前田がスーパーで買い物をした日の夜、勝地はコンビニで食材を買い込み、妻子不在の“別宅”へと入っていった。勝地の左手薬指からも、指輪は消えていた。

 前田と勝地は2018年夏にわずか交際4か月で結婚し、昨年3月に第1子となる男の子が生まれたばかり。幸せのど真ん中にいるかと思われた新婚夫婦は、早くも別居生活を送っていたのである──。

 夫婦は対極のキャリアを歩んできた。前田は国民的アイドルグループでセンターを務め、グループ卒業後に女優業に本格シフトすると、映画やドラマで主役を演じ続けてきた。

 一方の勝地は2000年に俳優デビュー。実力派俳優として着実に実績を積んできたが、2013年に『あまちゃん』(NHK)で“前髪クネ男”としてブレークするまで、下積み期間が長かった苦労人だ。

 共通の知人を介した食事会で知り合ったふたりの恋路は一気に燃え上がり、スピード結婚となった。かつての国民的アイドルを射止めた勝地には羨望の眼差しが向けられたが、実際の生活は窮屈そうでもあったという。勝地の知人が明かす。

【関連記事】