Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「iOS 14」発表 ホーム画面の自動整理やウィジェット配置 オフラインで使える翻訳も

配信

ITmedia Mobile

 米Appleが6月22日(現地時間)、オンラインでの開催となった開発者向け会議「WWDC20」にて、iPhone向けの新OS「iOS 14」を発表した。デベロッパープレビューを同日に配布し、パブリックβを2020年7月に配布する予定。一般ユーザー向けには2020年秋にリリースする。iOS 14はiPhone 6s以降のモデルで利用できる。 指定したページのアプリを自動で整理する「App Library」  App Libraryでは、インストールした全てのアプリを、カテゴリーごとに自動で整理できる。ホーム画面を編集モードにしてページドットをタップするとページが一覧表示され、そこから不要なページをタップして非表示にすることもできる。App Libraryでは右上に「最近インストールしたアプリ」が表示され、他はカテゴリーごとにアプリがまとめられる。 【訂正:2020年7月18日4時00分 App Libraryについて誤った説明がありましたので訂正致しました。】  iPhoneにインストールするアプリが増えるほど、ホーム画面のページが増えるが、利用頻度の低い、後半のページに置かれたアプリは、いざ探してもなかなか見つからないことが多い。App Libraryを活用すれば、よりスムーズにアプリを検索可能になることが期待される。  ウィジェットの機能も拡充する。iOSのウィジェットは、これまでホーム画面で右方向にスワイプしたページにしか配置できなかったが、iOS 14ではホーム画面に配置できるようになる。ウィジェットの一覧からドラッグすると設置可能なスペースが表示され、サイズの変更できる。時間帯ごとに最適なウィジェットを表示する機能もある。例えば朝はニュースを、日中は当日の予定を、夜は1日の活動を振り返るといったことができる。  動画コンテンツを好きなサイズに変更して、他のアプリの利用中に表示する「ピクチャー・イン・ピクチャー機能」も利用可能になる。他のアプリを利用しながら動画を視聴するのに便利だ。動画を画面外にスワイプして映像が見えなくなっても音楽は再生される。他のアプリを使用中に着信があった場合、画面上部にコンパクトに表示されるようになる。  Siriを利用する際の画面がよりコンパクトになる。これまで、Siriを呼び出すと全画面で表示されて、それまで利用していたアプリが隠れてしまうが、iOS 14では画面下部にSiriのアイコンが表示され、返答は画面上部に通知のように表示される。Siriに音声メッセージの送付と録音を頼むこともできる。  オフライン環境で翻訳をする機能も追加される。翻訳機能は日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、イタリア語、スペイン語など11言語が対応する。iPhoneを横向きにすると、翻訳前と翻訳後の内容を一覧できる。  メッセージアプリは、特定ユーザーとのメッセージを最上部にピンで固定できるようになる。自分の分身を作成できるミー文字は、髪形や職業に関するバリエーションが増える他、フェースカバーを付けた素材も追加される。グループメッセージの使い勝手も改善し、特定のメッセージにインラインで返信したり、自分に対する返信があったときだけ通知させたりできる。  マップでは自転車向けや電気自動車向けのルート案内が可能になる。自転車向けルートでは自転車専用の通行帯や小道を案内し、急な坂や階段があるときに知らせる。まずはニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコベイエリア、上海、北京から対応し、他のエリアにも順次拡大していく。電気自動車向けルートでは充電スポットのある場所に沿ったルートを案内してくれる。  Car Playもアップデート。iPhoneやApple Watchに“デジタルキー”の機能を付加してクルマのキーとして利用できるようにする。デジタルキーの権限を他のユーザーに与えたり、iPhoneを紛失した際にiCloud経由でカギの機能を無効にしたりできる。デジタルキーは2021年製のBMW5シリーズがまずは対応する。またデジタルキーはiOS 13でも利用できる。2021年には、iPhone 11シリーズに搭載されている「U1」チップを活用し、iPhoneを取り出さなくてもクルマのロックを解除可能になる予定。  アプリをインストールせずに、必要なときだけアプリの機能を利用可能にする「App Clip」も追加される。店頭などに設置されたNFCタグやQRコードを経由して利用できる。例えば自転車のレンタルやカフェでコーヒーを注文する際に、各サービスのApp Clipを立ち上げて決済をするといったシーンを想定している。決済にはApple Payを利用するので、改めて支払い情報を登録する必要はない。  プライバシーに関する取り組みもアップデートする。アプリで使用する位置情報は、正確なものか大ざっぱなものを許可を選べるようになる。アプリがマイクやカメラを使う際に、画面の右上にオレンジ色の丸い点が表示されるようになる他、コントロールセンターで直近の履歴を確認できる。App Storeでは、ユーザーをトラッキングする際にどんなデータを収集しているかを説明する。

ITmedia Mobile

【関連記事】