Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「PCR検査限界」「軽症者受け入れ施設なし」…23日の感染判明62人の約8割が“経路不明” 不安の名古屋

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東海テレビ

感染拡大が続く名古屋 警戒を呼びかけるライトアップも不気味に見える

 名古屋市では23日に新型コロナウイルスの感染が判明した62人のうち、8割の感染経路が不明です。そしてPCR検査の態勢も限界に達しています。 際立つ“若者への感染”と“経路不明者”の増加 新規感染者の拡大続く…遂に到来の新型コロナ“第2波” (リポート) 「今、栄のテレビ塔とオアシス21が、コロナ警戒領域を表す黄色にライトアップされました」  感染拡大への警戒を呼びかけるため、黄色に染まった名古屋テレビ塔とオアシス21。愛知県では感染拡大に歯止めが利かない状況になってきました。

大村愛知県知事: 「本日も大変残念ながら74人ということで、過去最多となっております」

 23日の臨時記者会見でこう発表した大村知事。しかし、その10分後…。

大村愛知県知事: 「今、17時に報告がありまして、名古屋市の速報値が40から62と報告がありました。したがいまして県全体では96人になりました。愛知県の状況は警戒領域だと。そして第2波の大きな山が来ているというご認識をいただきたい」

 その後、さらに1人増え、愛知県の23日の感染者は97人。中でも深刻なのが名古屋市です。 名古屋市の担当者: 「かなり爆発的に、今名古屋市内で感染が広がってしまっている」

 23日に公表された新規感染者は62人。そして、感染経路が不明な人が全体の8割、50人にも上りました。

名古屋市の担当者: 「(感染経路を)追っていますけど、本当に追いつかなくなりつつある。感染を抑えられるかどうか、厳しいことを言うと瀬戸際に近い」 名古屋市の担当者が厳しい表情で話すのには、「PCR検査が限界」を迎えているという背景があります。 名古屋市では衛生研究所を中心に23日、130件ほどのPCR検査を実施。しかし実はこの検査数が、今の名古屋市の限界です。医療機関にも依頼し検査を進めていますが、感染拡大に伴い十分に対応できていないといいます。

名古屋市感染症対策室の中村室長: 「検査体制についても、かなり厳しい状況になってきております。場合によっては、検査をするのにお待ちいただいたりというケースも出てきているというのは聞き及んでおります」  また現在、軽症者らを受け入れる施設がないため、22日の時点で50人が入院できず、自宅待機の状態になっています。

【関連記事】