Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニッポンの小さな旅|京都のいまを感じる、お休み処を巡ろう。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フィガロジャポン

「フィガロジャポン」の9月19日発売は「ニッポンの小さな旅へ。」。その中から京都をピックアップ。朝からおいしいワインが堪能できたり、京の肴がつまめたり、深夜もこだわりのコーヒーが飲めたり……。街歩きの合間にぴったりな、心安らぐお休み処。 日本の原点がここに! 奈良の長閑な道歩き&食べ歩き。

AM 10:00 目覚めの一杯は、 フルーティなコーヒーから。

◆ウイークエンダーズコーヒー ロースタリー コーヒー豆の管理環境・焙煎を第一に考えて誕生したのがこちら。ホンジュラスやルワンダなど、オーナー自ら農園を訪れてセレクトし、徹底的に温度や湿度を管理した豆が並ぶ。豆の個性を味わってほしいと、コーヒーはシングルオリジンで浅煎り。巨峰やパイナップルを彷彿とさせるフルーティな一杯は、坪庭の景色とあいまって、すがすがしい気分にさせてくれる。

<ういーくえんだーずこーひー ろーすたりー> 京都市下京区松原通御幸町西入ル石不動之町682-7 tel:なし 営)10時~17時 休)月~金 カード不可 www.weekenderscoffee.com

AM 11:00 コンテナに寄り道して、 自家製パンとシャルキュトリー。

◆タレル 小路の脇に、昨年突如現れたコンテナ。キュートなオブジェや蛍光色をアクセントにした空間に立つのは、カフェやワインバーを長年経験したサービスのプロ。顔が見える造り手を軸に選んだコーヒーにワイン、お酒のおともにもなる手作りパンやハムなど、朝から夜まで同じメニューが楽しめる。休日の朝、ワインを片手にシャルキュトリー――ももちろんOK。楽しみ方は自分次第だ。

<たれる> 京都市中京区油小路通御池下ル式阿弥町130 SHIKIAMI CONCON 01 tel:080-3799-7497 営)9時~18時L.O. 休)日 ※ほか不定休あり 予約不可

PM 3:00 笑顔こぼれる、 幸せな大人のおやつ時間。

◆キュー 昨春のオープン以来、スイーツ好きの心をわしづかみにしてきたキュー。みんなのお目当てはチーズケーキとドーナツ。店主が働いていたロンドンのベーカリーレストランのレシピをもとに、甘さを抑えるなどして改良を重ねた逸品だ。とろっとした食感にこだわったチーズケーキはとろりとしながらも軽やかで、ぺろりと食べられてしまう。思わず顔がほころぶおいしさだ。

【関連記事】