Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風10号は過去最強クラスで週末に接近・上陸 未曾有の災害への備えは一刻も早く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

9月2日(水)9時現在、台風10号(ハイシェン)はマリアナ諸島を西寄りに進みながら発達中です。 今後は記録的に暖かい海面水温の影響で猛発達し、明日3日(木)には「強い」勢力、4日(金)には「非常に強い」勢力を予想しています。発達ピークの勢力を保ったまま、6日(日)に九州など西日本に接近・上陸するおそれがあります。 過去最強クラスで接近・上陸の可能性があり、最悪のケースを想定して極力早めに台風への備えを行うようにしてください。 ▼台風10号 9月2日(水)9時  存在地域   マリアナ諸島  大きさ階級  //  強さ階級   //  移動     西南西 15 km/h  中心気圧   990 hPa  最大風速   25 m/s (中心付近)  最大瞬間風速 35 m/s

予想進路には東西の幅

台風10号の予報円は先の予想になるほど大きくなっています。これは台風の大きさや強さを示しているわけではなく、進路の不確実さを表しています。 予報円は70%の確率で台風の中心が入ると予想される範囲を示していて、四国から九州、沖縄まで、台風10号のとりうる進路には大きな幅があることがわかります。 進路次第で各地への影響が大きく変わるため、あらゆる可能性を考慮して、各地にとっての最悪のケースに備えることが重要です。

日本の南の海面水温は記録的な高さ

今年は海面水温の高い海域が例年よりかなり北に広がっていて、台風10号の進む領域は30℃近い異例の暖かさとなっています。一般的に、海面水温が28℃程度以上であれば台風が発達しやすく、さらに上空の風が弱いなどの条件が揃えば、より急速に発達します。 本州沿岸でも海面水温が高いことから、日本に上陸直前になっても普通の台風のように勢力を落とさず、6日(日)9時の予想は中心気圧930hPa、最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/sの「非常に強い」勢力が予想されています。発達最盛期の勢力で、接近・上陸することになる見込みです。 ▼予報 4日後 9月6日(日)9時  存在地域   九州の南  強さ階級   非常に強い  移動     北北西 20 km/h  中心気圧   930 hPa  最大風速   50 m/s (中心付近)  最大瞬間風速 70 m/s

【関連記事】