Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桐生「勝ち切ることが大事」 ケンブリッジ「来年どこまで伸ばせるか」…決勝を終えて

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

豪華メンバー集結の100m、レース後に選手たちは何を思う

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートル決勝では桐生祥秀(日本生命)が10秒27(向かい風0.2メートル)で6年ぶり2度目の優勝に輝いた。日本歴代2位タイ9秒98の記録を持つ24歳が混戦を制して「日本最速」の称号を奪回した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒28で2位。小池祐貴(住友電工)が10秒30で3位。 【ゴール写真】競馬ならハナ差? 桐生とケンブリッジが同時にラインを踏んでいる! わずか0秒01差…ゴール瞬間の1枚  豪華メンバーが揃った日本最速スプリンター決定戦。頂点に立ったのは桐生だった。スタートを五分に出ると、中盤から終盤にかけて加速。宿敵ケンブリッジをわずか0秒01上回った。  6年ぶりの日本選手権V。「まずは優勝できて良かったなと思います。勝ち切れて新潟でいい思い出になった。タイムはあまり速くなかったですが、来年戻ってくる時は良いタイムで帰ってきたい。流れとか関係なく勝ち切ることが大事。今回の走りは良かった」と振り返った。  今季、自己ベストを更新する10秒03をマークするなど好調だったケンブリッジはわずか0秒01差及ばずの2位。「周りはあまり気にせず、最後の方までは自分の走りに集中できていた。微妙に負けたかなというくらいでした」と振り返り、「スタートはよくなったけど、掴み切れていない部分がある。前半が上手く入れるようになって、今までと違う走りになった後半を来年どこまで伸ばせるかが記録を伸ばす上でポイントになると思います」と来年を見据えた。

3位小池「やっちまった」、5位多田「自分の走りに集中できなかった」

 そこから0秒02差で3位に続いた小池は「1位かそれが以外かという感じで思い切り突っ込んだ。やっちまったなと思ってゴールした感じでした」と悔しそう。「体の調子は予定通りという感じです。ただ、気持ちが上がると体が動くんだなというのを再確認した」と手応えも口にした。  多田修平(住友電工)は10秒34で5位。絶好のスタートを切ったが、後半失速。右隣のレーンを走る桐生に抜かれる結果となった。レース後は「ずっと桐生さんが横にいる気がした。自分が先頭だったので、もう少しリラックスしていればよかった。悔しいですね」と悔しさを露わに。「決勝の走りは自分の走りに集中できなくて周りを気にしてしまったと思います」と振り返った。  歴代優勝者の日本記録保持者サニブラウン・ハキームや山縣亮太が不在の中だったが、電撃のスプリント戦は見ごたえたっぷりだった。

THE ANSWER編集部

【関連記事】