Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本にとって台湾が重要な2つの理由~台湾軍が「漢光演習」実施

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月17日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。16日に実施された台湾軍の「漢光演習」について解説した。

台湾軍が中部・台中の海岸と周辺海域で軍事演習を実施

台湾国防部(国防省)は16日、中部・台中の海岸と周辺海域で定例の軍事演習「漢光演習」の一部を実施し、報道陣に公開した。この演習は13日~17日までの5日間の日程で実施。16日は、周辺海域に到達した敵軍(中国軍)が上陸を試みる場面を想定して、陸海空軍による攻撃訓練を行った。主力戦闘機のF16や経国号(IDF)をはじめ、艦艇、戦車など48種類の装備が使われた他、軍人ら8000人以上が動員され、およそ30分にわたって訓練を続けた。 飯田)中国は台湾の防空識別圏に入ったり、いろいろプレッシャーをかけております。 宮家)人民解放軍が、台湾を制圧する能力をすでに手に入れたと言われたのは2002年ごろ、私が北京にいたときの話です。当時は極秘だったのかも知れませんが、アメリカ政府の友達が「いまや中国軍が強力になっていて、台湾は単独では守れない」と言っていたのを思い出しました。

日本にとって~台湾が中国の一部になれば中東までの最短距離のシーレーンが使えなくなる

宮家)こういう演習を台湾がやるのは当然なのでしょうけれども、日本から見て考えると、2つポイントがあると思います。1つ目は明治維新以来、台湾という島を、日本に対して敵対的な勢力が支配したことはないのです。だからこそ、マラッカ海峡から中東までの長い距離、日本から考えれば長いシーレーンの最短距離を通れているわけです。台湾の横を通ればいいのですから。しかし、もし台湾が敵対的な勢力の手に落ちれば、当然、台湾の太平洋側は軍事基地化します。そうすると、恐らく南シナ海もそのときまでには中国の支配下になっているでしょうから、日本はシーレーンの最短距離を通れないということになります。 飯田)では、あそこをまっすぐ下がって行って、インドネシアの方を回って……。 宮家)回って行くか、台湾の東方を少し迂回して行かなくてはならなくなるかも知れません。つまり、第一列島線の外側を行かなくてはいけない。これは大きな問題だと思うのですよね。

【関連記事】