Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ONE PIECE magazine Vol.9」4.24発売 ヒロアカ・堀越耕平描き下ろしイラスト収録

配信

クランクイン!

 漫画『ONE PIECE』をとことん楽しむカルチャーマガジン「ONE PIECE magazine Vol.9」(集英社)が本日4月24日に発売。特集「尾田栄一郎のデザイン」では、『僕のヒーローアカデミア』の堀越耕平が描き下ろした「ロロノア・ゾロ」など3点のイラストが収録される。 【写真】『ヒロアカ』の堀越耕平が描き下ろした「ロロノア・ゾロ」  「ONE PIECE magazine」は、漫画『ONE PIECE』が2017年に20周年を迎えた記念雑誌としてスタート。『ONE PIECE』を100倍面白く読むためのカルチャーマガジンとして、現在は季刊で刊行されている。  今号のメイン企画は、73ページの特集「尾田栄一郎のデザイン」。その中の「『ONE PIECE』キャラクターデザイン学」では、『僕のヒーローアカデミア』の堀越や、『約束のネバーランド』の作画担当・出水ぽすかなど豪華クリエイターが「尾田栄一郎デザインの魅力」を解説。堀越は「デザインが好きなキャラ BEST3」の発表とともに直筆イラストを3枚寄稿。そのうちの1枚「ロロノア・ゾロ」が公開された。  また、日清カップヌードルのCMでコラボした窪之内英策のインタビュー「窪之内英策から見た『ONE PIECE』×青春」や、制作の裏側を密着レポートした「『ONE PIECE』コミックスができるまで」も掲載されている。  レギュラー企画では、スピンオフ小説「ONE PIECE novel HEROINES」は、麦わらの一味の考古学者「ニコ・ロビン」を主役に、1枚の古文書をめぐるミステリアスな物語が描かれる。麦わらの一味を演じる声優が鼎談する「麦わらの声優座談会 Vol.3」では、中井和哉、山口勝平、大谷育江が登場する。  そのほか、読者のリクエストから尾田が1案を選び、そのイラストをカラーで本誌のためだけに描き下ろす「尾田栄一郎からの大募集“夢の一枚”」や、尾田監修のもと、見た目が判明していない悪魔の実をイラストで初公開する「悪魔の実図鑑」も収録される。  「ONE PIECE magazine Vol.9」は集英社より本日4月24日発売。価格は980円(税別)。

【関連記事】