Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

闇サイト殺人事件 残虐な犯行に対する「死刑判決」はなぜ覆ったのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

1人だけの殺害なら刑務所に入るだけで済む?

 犠牲になられた被害者が複数でなければ死刑にはならないという誤った認識のもと、刑務所に入ることを希望して、意図的に犠牲者数を調整のうえ、事件を犯したのではないかと疑いを持たざるを得ない、いわゆる2018年新幹線殺傷事件のような事件も起きています。  死刑基準がひとり歩きすれば、1人だけなら殺害しても刑務所に入るだけで済むという誤ったメッセージを社会に垂れ流すことになりかねません。  人の生命を1人でも奪う凶悪犯罪には、死刑をもって臨むのが原則であるという毅然とした姿勢を社会に発信し続けていくことが、犯行を防止するとともに、社会に対する大きな戒めにもなり、本当に国民にとって安全安心な社会が実現する礎になるのではないかと思わずにはいられません。 「娘は虫けらのように殺された」闇サイト殺人事件の遺族が3人の死刑を求めた理由 へ続く

犯罪被害者支援弁護士フォーラム

【関連記事】