Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

たけし 新型コロナの経済対策で大規模な財政出動訴える「バブルの好景気をもう1回」

配信

デイリースポーツ

 タレントのビートたけしが10日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」で、新型コロナウイルス感染拡大に関する経済対策として、大規模な財政出動によるバブル景気の再現というアイデアを述べた。  たけしは「ジャンジャンジャンジャン補てんすりゃ、もうヤケクソで(国が)金出しゃいいんじゃないの。デフレでひどい目に遭ってんだ。あのバブルの好景気をもう1回っていうのは、あり得るぜこれ」と、新型コロナを機に、国の大規模な財政支出でバブル景気を再現することを主張した。  たけしの大胆な主張に、相方の作家・阿川佐和子氏は「え?あっ、あっ、え?」と、ギョッとした表情だ。  元宮崎県知事、元衆院議員でタレントの東国原英夫は「こういう時期に国債を、あるいはお金を刷って市中に回さないでいつ回すんだっていう」とたけしに同調。国から国民への財政支援が「なぜチビチビしてるんですか?」という阿川氏に「財務省がチビチビしてるからです。財務省は絶対金出しませんから。とにかく抑える抑える」と解説した。  タレントの大竹まことは「緊急対策っていうくらいだったらば、日本もね、国民にそれを要請するんだったら、光熱費とかね、色んなものをタダにするとか、消費税ももうやめちゃうとか、それ以外のことも、もっと他の予算を今度のことに付け替えるとか、緊急対策といってるからには、国もそれくらいのことをしてほしいと思うよな」と、国の新型コロナ対策に注文。  大竹は「やっぱしスピードだろ」、東国原「スピードですよ」と国にスピードを求め、阿川氏は「取りあえずアベノマスクの横にポチ袋くっつけて、10万円くっつけて送っちゃえば良かったのに。速かったですよね、その方が」と提案していた。

【関連記事】