Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GoToは?アベノミクスは? “歴代最長”安倍総理の通信簿を西田亮介氏が付けてみた「やりたいことがわからないナゾ内閣」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 安倍総理は24日、総理大臣の連続在任日数が2799日となり、佐藤栄作元総理を抜いて歴代最長記録を更新した。その受け止めを聞かれ、「政治においては、その職に何日間在職したかではなくて、何を成し遂げたかが問われるのだろうと思う」と述べた安倍総理。 【映像】“歴代最長”安倍総理の通信簿  第2次安倍政権が発足した2012年以降、安倍総理は金融緩和・財政出動・成長戦略の“3本の矢”による経済政策、いわゆる“アベノミクス”を推進してきた。しかし、新型コロナウイルスの影響で経済は打撃を受け、その看板政策は水泡に帰しつつある。また、こだわってきた憲法改正や北朝鮮による日本人拉致問題などの解決についても、見通しが立たない状況だ。  25日の『ABEMAヒルズ』では、東京工業大学准教授の西田亮介氏に安倍総理の“通信簿”を付けてもらった。まず、直近のコロナ感染対策については「◯に近い△」とした。理由として「コロナ禍はまだ続いているし、医学の専門家が本来評価すべき。そのうえでWHOはたびたび肯定的評価を示してきたことや、現状の感染者数、死亡者数の少なさは一定程度評価できるのでは」とした。経済関連の対策については、以下のように評価した。

・アベノマスク【×】 →品質や配り方での混乱、あまりに時間がかかったこともあって評価し難いものがある。 ・GoToキャンペーン【×】 →意味不明だと言わざるを得ない。経済のV字回復が必要だというのはわかる。しかし感染収束後ということだったし、開始時期は評価し難い。実施事業者選定の不透明さや東京の除外をめぐるやり取りもよくわからなかった。このキャンペーンが感染を拡大したかどうかはわからないが、事後的にきちんと評価されるべきだ。一定の利用件数があったことは言われているが、経済効果はどの程度あったのか、これもしっかり検証するべき。 ・一律10万円の給付【△】、持続化給付金【×】、家賃支援【△】、学生給付金【△】 →給付の措置、特に事業者向けはあまり評価していない。どれだけ効果があったのか、かなりあやしいと思っている。この金額では効果が期待できるのは零細の飲食店等に限られていて、製造業の中小企業ではあまり効果がなかったのではないか。そういう意味で、家賃支援も×に近い△。自前の工場、施設を所有する事業者は家賃支援に該当しない。世帯向けの一律10万円の給付については評価できるが、困窮者への手当を厚くすべきだった。電子申請も混乱した。結局アナログで地方公務員の方々が手作業で精査するなど大変混乱を生んだので、◯とまではいえない。

【関連記事】