Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

具志堅用高氏がボクシングジムを閉鎖へ 元側近が語る「会長の芸能活動」と「妻の介入」

配信

デイリー新潮

 元WBA世界ライトフライ級王者の・具志堅用高(64)が会長を務める白井・具志堅スポーツジム(東京都杉並区)が、7月末をもって閉鎖すると発表された。日本人初の世界王者・白井義男と共に1995年に開設された名門ジムに、一体、何が起きたのか。  ***

「週刊新潮」では5月13日発売号で、具志堅ジムをめぐる“異変”について報じていた。元WBCフライ級王者・比嘉大吾をはじめとした所属選手たちが次々とジムを去り、さらには野木丈司トレーナー、そして元WBC王者でジム設立当初からいる友利正チーフトレーナーといった面々も、具志堅会長と袂を分かったという内容だった。  友利氏は、具志堅会長の妻と女性マネージャーの“現場介入”が、問題の背景にあると証言する。 「あの2人と折り合いが良い人は、ジムには誰もいませんね。選手たちに対して『あれやっちゃだめ、これやっちゃだめ』と言ってくるんだ。さすがに練習内容には口を出さないけれど、減量中にお菓子を食べちゃだめとか、選手が自分のスポンサーを連れて来ると、ジムを通じて話せとか。間違ったことを言っているわけじゃないんだけど、とにかく頭ごなしに文句ばかり言うんです」  具志堅夫人は10年ほど前から、女性マネは5年前から、それぞれこうした振る舞いをするようになったという。ジムを去った比嘉、野木氏とも、2人と関係は良くなかったと振り返る。 「彼女たちはボクシングに精通しているわけではないので、細かいことを選手に言ってはいけないんです。(比嘉)大吾も減量中、つまみ食いをしてガミガミ言われたと聞いています。本人だって食べちゃだめと分かっていて、カッカと気が立っている。苦しいのを分かっているトレーナーは、咎めたりせず、ちょっとだけポカリスエットを飲ませたりして、やる気を出させるわけです。そういうことがあの2人には分からないんですよね」  こうした現場介入の一方、2人は事務所にお菓子を置き、選手の目を気にせず食べていたこともあった。見かねた友利氏が「試合前に事務所でお菓子は食べないでくれ」と注意したという。

【関連記事】