Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台湾IT相、30代でトランスジェンダーの「無政府主義者」 唐鳳氏独占取材

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月16日 AFP】ポピュリズム(大衆迎合主義)が社会の分断を招き、二極化が進んでいる今、台湾のデジタル担当政務委員(IT担当相に相当)を務める唐鳳(Audrey Tang)氏(39)は少数派に共感を示し、「すべての側面」を見るという自身の政治手法は、トランスジェンダーというアイデンティティーに支えられていると話す。  唐氏はトランスジェンダーであることを公にした世界初の閣僚で、14歳で学校をやめてから自分の道を開拓してきた。  プログラミングを独学し、学校教育を離れて2年後には自身の会社を立ち上げ、米カリフォルニア州シリコンバレー(Silicon Valley)でキャリアを構築した後、台湾に戻って入閣。自称「保守的な無政府主義者」としては異例の歩みだ。  台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)政権は2016年、党派政治に染まっておらず、慣例にとらわれない手法を取る唐氏に魅力を感じ、閣僚に抜てきした。  トランスジェンダーというアイデンティティーが仕事にはどう影響しているか。AFPの取材に応じた唐氏はこの質問に対し、「私たち(トランスジェンダー)は二元論的思考をしないから、やりやすいこともあると思う」と答えた。 「世界の半分は自分たちと違う、というふうには考えない」  20代前半で公的に性別を変更し、中国語名と英語名を現在のものに変え、「she(彼女)」という代名詞を採用した。ただし、入閣書類にはどちらの性別も記していない。 「少数派であることに苦しむさまざまな人たちに、私はより共感できる」と言う。「私は誰か特定の人の味方ではない。全ての人の味方でいるつもりだ」  唐氏は、さまざまなやり方で閣僚としての慣習を打ち破っている。職場には徒歩通勤し、アイデアを提供してくれる地元の人たちとの自撮り写真に応じる。自身のチーム内では上下関係を設けず、多くの会合を公開し、物理的な省は持たない。その代わり、政府の各部門を行き来して問題解決と助言を行っている。 ■台湾の人々は偽情報への免疫力を劇的に高めてきている  チームで取り組んできた最近の課題は、若年層の政治参画、偽情報の一掃、新型コロナウイルスの流行にテクノロジーで立ち向かうことだ。  保守的な無政府主義者として、唐氏は自身を政府や市民のために働いているのではなく、その二つをつなぐ存在として見ている。 「私は社会運動と政府の間に位置するラグランジュ点のようなもの」と、宇宙空間で二つの大きな物体の重力を均等に支える3番目の小さな点を例に出して説明した。  一般的な上意下達型の政府は抜本的に改革するべきだというのが唐氏の考えだ。  今の世の中は不当行為を撮影した動画が拡散され、それがきっかけとなり、時に北アフリカ・中東での民主化運動「アラブの春(Arab Spring)」や、反人種差別運動「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」が起きる。「民主主義そのものが民主化されている」と唐氏。一般人も政策に直接寄与するべきで、特に自分のように正統な政治的背景を持たない人こそ関わるべきだと付け加えた。  新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)期に台湾の民主制度は強化された一方で、中国のやり方は「より窮屈になった」と言う。 「パンデミックは、二つの異なる政府の在り方について増幅器の役割を果たしたと思う」  中国政府は蔡氏を忌み嫌っている。台湾を含めた「一つの中国」という考えを拒否しているためだ。  蔡氏の党は、この島を台湾という独自のアイデンティティーを持つ、事実上の独立国家と見なしている。結果として、台湾は長年、中国寄りの手の込んだ誤情報や偽情報の標的となってきた。  しかし唐氏は、台湾の人々はこうした情報への免疫力を劇的に高めてきたと確信しているとして、情報の衛生管理に例えた。「手洗いなどの良い習慣を身に付けているなら、何かを共有する前にもう一度考えるという良い習慣も身に付く」 ■「ひび割れがあるからこそ光が差し込む」  唐氏は世界で最も著名なトランスジェンダーの政治家の一人ではあるが、2019年に同性婚をアジアで初めて合法化した台湾には、進歩的な社会問題のためにまだやることがあると言う。特に外国人が入国時に記入する健康申告書には男性でも女性でもないという選択肢があるように、台湾のトランスジェンダーが公的な身分証明書で認識されるようになることを望んでいると話す。  しかし、唐氏は悲観していない。カナダのシンガー・ソングライター、レナード・コーエン(Leonard Cohen)さんの歌詞を引用し、「あらゆるものにひび割れがある、だからこそ光が差し込む」と話すと、「台湾は確実に多様性を受け入れる道を歩んでいると思う」と続けた。  映像は6月11、15、16日撮影。(c)AFPBB News

【関連記事】