Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46・高山一実 処女作に込めた“願い”とは? 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ananweb

アイドルを目指す女の子を描いた青春小説『トラペジウム』を上梓したのは2年前。「読書好き」ということから見出され、書く側ともなった高山一実さんだが、読書デビューはやや遅く、高校生の時。友人の父に薦められたあのベストセラーが読書の扉を開いた。 「湊かなえさんの『告白』です。もうページをめくるたびに先が気になって、一気に読みました。その頃の私は平和ボケしていて (笑) 、小説の中にはこんな世界があるんだ! と、本当に衝撃的でした」 すぐに湊さんの他の作品を読み、湊さんが傾倒したというアガサ・クリスティへ向かい、ネットでミステリー作品を検索して、ミステリー畑での読書が続いた。そしてある時からジャンルを超え、気になる帯で選ぶようにも。 「ちくま文庫の帯が好きなんです。手書きのポップ風で思わず読みたくなる文章だからつい買ってしまう。その帯で出合った三島由紀夫さんの『命売ります』はすごく面白くてアタリで。最近読んだ『三島由紀夫レター教室』も大好きな作品。かなり影響を受けました」 この作品はキャラの濃い登場人物たちの人間模様が手紙のやり取りで描かれる異色作。高山さん曰く「好ましくない例」として描かれた人物と自分が似すぎていて反省したり、考え方で納得できる点がたくさんあったり。多くの気づきとともに視野を広げてくれた読書体験だったと、目を輝かせる。 「私は昔から頑固で、親の意見はほぼ聞かなかったけれど (笑) 、本に書かれたことは不思議と素直に受け止められる。悩みがある時は、登場人物を自分と重ねたり比較したりして救われることが多いし、共感できるセリフと出合うと、作家さんも私と同じことを感じていると思って励まされます。それに本は自分が知らない知識や人間同士の踏み込んだやり取り、心の機微も教えてくれるから人生勉強にもなる。読書の魅力は語り尽くせないですね」 高山さんが『告白』から読書にハマったように、『トラペジウム』は「平成世代が買った本」の1位になり、読書離れが指摘される若い世代と本を結ぶ役目も果たしている。それは高山さんが執筆の際に意識した「願い」でも。 「私自身、もっと早く本を読んでいればという気持ちが強いんです。だから普段読書をしない人にも読んでほしい、本への入り口として私のアイドルという立場が役に立てばとも思い書き上げました。一人でも多くの人が、私の作品をきっかけに本を読んでくれたら嬉しいです。これからも読書はもちろん、書くことも続けたいです」 高山一実さん 乃木坂46の第一期メンバーで愛称「かずみん」。’18年に出版した『トラペジウム』は累計25万部を超えるヒットに。『クイズプレゼンバラエティーQさま! !』 (テレビ朝日系) のMCを務めるなど、マルチに活躍。 ワンピース¥29,000 (マサコ テラニシ/アプレドゥマン TEL:03-6274-8533) ワンショルダーベスト¥27,000 (イン‐プロセストーキョー/ススプレス TEL:03-6821-7739) イヤーカフ、上¥1,600 下¥1,300 (共にゴールディ TEL:0120-390-705) ダブルリング¥32,000 (ラナスワンズ/ススプレス) ※『anan』2020年9月2日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・コギソマナ (io) ヘア&メイク・宇藤梨沙 インタビュー、文・熊坂麻美 (by anan編集部)

【関連記事】

最終更新:
ananweb