Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プリウスが装備充実で安心・安全性を強化! トヨタセーフティセンスや外部給電機能などを標準化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

さらに装備を充実させた特別仕様車も設定

 トヨタ自動車は、日本を代表するハイブリッドカー「プリウス」ならびに「プリウスPHV」の安全・安心機能を強化し、7月1日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、プリウスが260万8000円~355万7000円、プリウスPHVは331万3000円~439万2000円。 【写真】機能性が向上したトヨタセーフティセンスの作動イメージ  今回の改良の注目ポイントのひとつが、トヨタ・セーフティセンスの機能向上だ。プリクラッシュセーフティは、検知範囲を夜間の歩行者、そして昼間に自転車を運転している人も対象として進化。これまでは昼間の歩行者のみだったので、より安全性が高まったことになる。  そして、レーダークルーズコントロールを使用している際、同一車線内の中央を走行できるようにハンドル操作を支援してくれるレーントレーシングアシスト(LTA)機能をプラスした。また、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示させ、見落としを減らして安全運転を促してくれるロードサインアシスト(RSA)もプラスしている。先行車が発進したらブザーとディスプレイ表示で知らせてくれる先行車発進告知機能も追加されているので安心だ。  また、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い、アクセルの踏みすぎによる衝突被害を軽減させることが可能になるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)を全車に標準装備とした。  そして、注目の機能「プラスサポート(旧アクセル時加速抑制)」を、トヨタ車として初採用している。これは高齢者や運転に不安を感じているドライバーにオススメしたい機能。プラスサポート用スマートキー(販売店装着オプション/税込み1万3200円~)で解錠するだけでシステムが起動する。  複雑な設定操作などは必要なく、カンタンに扱える機能だ。進行方向に障害物などがない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知した場合に加速を抑制。インテリジェントクリアランスソナーの機能にプラスする形で、ペダルの踏み間違い事故の抑止や被害軽減に貢献してくれる。  そのほかにも、車内でさまざまなアイテムが使用できるAC100V/1500Wのアクセサリーコンセントを全車に標準装備。さらに、プリウスPHVはソーラー充電システムを全車にオプション設定した。ソーラー発電量がマルチインフォメーションディスプレイに表示されるため、現在の発電量が確認しやすくなっている。  また、プリウスに特別仕様車「S“Safety Plus II“」が設定された。Sをベースにしており、車線変更時の後方確認を助けてくれるブラインドスポットモニターや、駐車場などでの後退時に後方左右から接近してくれる車両を検知しドアミラー内のインジケーターの点滅&ブザーで知らせてくれるリヤクロストラフィックアラートを装備。  加えて車庫入れ時に後方映像を表示するバックカメラ、音声操作やハンズフリー通話を可能にしたステアリングスイッチをセットにしたナビレディセットを標準装備している。  悪天候時にヘッドライトの明かりを補助するLEDアクセサリーランプ、車内の爽やかさを保つナノイー、雨滴感応式オートワイパー、自動防眩インターミラーを特別装備している。メーカー希望小売価格(税込み)は、275万5000円(2WD)~295万3000円(4WD)。

WEB CARTOP

【関連記事】