Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ私たちは「愛の不時着」にこんなにもハマるのか。「完璧な対等さ」はこんなに心地いい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

フェミニズム専門出版社エトセトラブックスの代表・松尾亜紀子さんは、「愛の不時着」(Netflix)を7回見ている。7話、でなく7回。全16話、合計すると1346分(22時間26分)ある「愛の不時着」を7巡したという意味だ。 【全画像をみる】なぜ私たちは「愛の不時着」にこんなにもハマるのか。「完璧な対等さ」はこんなに心地いい 韓流ドラマは「宮廷女官チャングムの誓い」以来15年ぶりだったという松尾さんが、なぜそれほどにもハマったのか。ネタバレ多々ありで、「愛の不時着」の魅力をフェミニズム的視点で読み解いてもらった。 完璧に対等な男女の、壮大な恋愛ファンタジー。 松尾さんは「愛の不時着」をそう語る。北朝鮮の大尉リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と、韓国の財閥令嬢でファッションブランドの経営者ユン・セリ(ソン・イェジン)。知性、財力、そして美。それが完璧に対等だということがとても重要だという。 「南北に引き裂かれる2人が一線を超えてどう愛を成就させるか。それが『愛の不時着』という物語です。ここで言う『一線を超える』とは肉体的な関係ではなく、いかに気持ちを伝え、確かめ合い、未来を描けるようになるかという心の動きです。 ひと昔前の韓流ドラマのように家柄や親は障害ではなく、絶対的な一線、つまり38度線だけが2人の愛を阻む。ソン・イェジンとヒョンビンと言うキャリアや人気が互角のスターを揃えたキャスティングも含め、『対等さ』を意識したドラマだと最初に見た時から感じました」

ジェンダー的安心感、ミソジニー一切なし

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、新刊の刊行を予定通り5月上旬とした。9歳と3歳の子どもがいる自宅で作業し、書店の注文を取り、流通を確保し……。校了までたどりついたのがゴールデンウィーク前。久々の休みにふと話題の「愛の不時着」を見てみた。 ジョンヒョク、そしてヒョンビンのカッコよさに打ちのめされて激ハマりした。目の前の仕事と生活をこなすのに精一杯だったけど、先行きの見えないコロナ禍の状況が実はすごく不安だったのだ、と自分のことを振り返った。 ヒョンビンの過去の出演作やYouTubeのファン動画を見ては、「愛の不時着」に戻る。その繰り返しで気づけば7巡したのは、このドラマのジェンダー的な安心感が心地良かったから。ジョンヒョクの隊員たちのブラザーフッド、セリが出会う北朝鮮のオンニたちのシスターフッド。どちらも描かれる。 もう1組の男女ク・スンジュンとソ・ダンの関係も対等だ。 「悪役であるセリの義姉たちも、坊っちゃん育ちの夫をコントロールして生きる力が強くて憎めない。北のオンニたちはそれぞれの個性が際立っているし、とにかく女性がものを言う。ミソジニー(女性に対する嫌悪や蔑視)が一切ないのがこのドラマの素晴らしいところだと思います」 日本のドラマは「また何か不用意な性差別にがっかりさせられるんじゃないかと警戒して楽しめない」という松尾さんだが、「愛の不時着」にはそれが全くない。

【関連記事】