Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「おそらくオランダには戻らない…」中村敬斗はガンバ大阪に復帰? 現地紙がトゥベンテ退団の可能性を指摘!

配信

SOCCER DIGEST Web

開幕戦からの鮮烈デビューも…

 昨夏にオランダ・エールディビジに鳴り物入りで参戦したトゥベンテの中村敬斗が、苦境に立たされている。 【動画】王者の隙を突いたゴラッソ! 中村敬斗の強烈弾はこちら!  現地時間5月29日、トゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。  2019年5月に開催されたU-20ワールドカップでインパクトを残した中村は、大会後の7月に2021年6月30日までの期限付きでトゥベンテに加入。PSVとのエールディビジ開幕戦から2戦連続ゴールを決めるなど、鮮烈なスタートを切った。  だが、ウインターブレイク以降は出場機会が激減。エールディビジが打ち切りになるまでの全8試合でスタメン落ちをし、そのうち4試合は出場なしと大きく序列を下げていた。  エールディビジでは17試合で4ゴールという結果に終わった若きサムライ戦士について、『Tubantia』は、「テクニカルディレクターのテッド・ヴァン・レーヴェンはナカムラを『素晴らしい才能をもたらした小さな奇跡だ』と評したが、ウインターブレイク明けからはほとんどプレーできていない」と綴り、こう続けた。 「19歳の日本人はガンバ大阪から2年契約で雇われたが、エールディビジでの圧倒的なスタートの後に失速。一部のファンからは冷笑されるまでになってしまった。今は日本に帰国中だが、全ての当事者は契約解消の方法を模索している」  この一報を伝えたオランダ・メディアの『Football Oranj』は、「ナカムラとトゥベンテは契約打ち切りの見込みとなっている」と速報。さらに『RTV』も「すでに帰国してしまったナカムラはおそらくオランダには戻らない」とした。  契約解消となった場合には、保有権を有しているガンバ大阪にレンタルバックされる格好となるが、中村はどのような決断を下すのか。東京五輪出場も期待される俊英アタッカーの動向から目が離せない。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】