Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鉄人・大野均さん、引退発表前に釜石からオファーも『もう膝が…』コロナが収束したらラグビーの普及活動とファンに直接会って恩返し

配信

中日スポーツ

 ラグビーの元日本代表で、歴代最多の98キャップを誇り、5月に現役引退を発表した大野均さん(42)=東芝=が5日、本紙のインタビューに応じた。引退発表から2週間。釜石シーウェイブス(トップチャレンジリーグ)からの誘いを断ったことなどを明かし、「食べる量が減りました。以前の半分くらいで、おなかいっぱいになる」と笑う英雄に、現在の心境を語ってもらった。  ー「ラグビーのない生活に寂しさは?」と聞くと、大野さんはこう答えた。  「現役じゃないということで寂しい部分はあるけれど、自分の体と相談して決めたことだし、喪失感はないです」  ー引退を決意させた右膝の痛みは、2年前からあったという。それでも昨夏のトップリーグ・カップでは全6試合に出場した。  「試合ではアドレナリンが出ますから。アップまでは多少痛くても、ピッチに入った瞬間には痛みを忘れていました」  ーだが、リーグ戦開幕を控えた12月の練習試合で膝の痛みが激化。以後は別メニューで調整し、さまざまな治療も試したが、痛みは消えなかった。  「クラブハウスで治療をしているとき、外では若い選手がバチバチ激しい練習をやっていた。うらやましかったし、それができないことで(引退の)踏ん切りもつきました」  ー実は引退発表前、釜石シーウェイブスの桜庭吉彦GM(53)から、移籍の打診があったという。  「声をかけていただいたのはうれしかったけど、釜石へ行ったとしても戦力になる自信がなかった。膝が良くなる見込みはないし、かえって迷惑をかけてしまうと思い、お断りしました」  ー当面は社業に専念しながら、ラグビーへの恩返しの方法を模索する。  「まず東芝の王座奪回に向け、サポートしたい。コーチングも勉強したいし、コロナが収束したら、普及イベントなどでも役に立ちたい。自分にしかできないことを見つけていきたいです」  ー現役時は無縁だったSNSも、このほどツイッターを開設。投稿は少ないが、フォロワーはたちまち1800を超えた。  「コロナが収束したら、ファンの方々に直接感謝する機会もつくりたい」  どんなに激しい試合をしたあとでも握手や記念写真に応じ、ファンに愛された男は、最後までファンへの思いを忘れなかった。  ▼大野均(おおの・ひとし) 1978(昭和53)年5月6日、福島県郡山市生まれの42歳。192センチ、105キロ。現役時代のポジションはロック。東芝では企画部所属。福島・清陵情報高では野球部。日大工学部でラグビーを始め、東北リーグでプレー。トライアウトを経て2001年に東芝に入社し、2年目に公式戦デビュー。04年に日本代表入りし、07年、11年、15年とW杯3大会連続出場。98キャップは日本代表歴代最多。トップリーグでは優勝5回、09年度MVP。ベストフィフティーン受賞9回は最多。

【関連記事】