Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ガレス・ベイルの移籍をレアルが阻む?「全てをブロックした」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが、同クラブに移籍を阻まれていると不満を口にした。英メディア『スカイスポーツ』が現地時間2日に報じた。 【画像】レアル・マドリーの基本フォーメーション  2013年からマドリーでプレーするベイル。ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっている同選手には昨夏、中国・スーパーリーグの江蘇蘇寧への移籍が間近となっていた。しかし、直前になって交渉が決裂となり、移籍は実現しなかった。  過去に幾度か移籍の噂があったものの、結局はマドリー残留となっていたベイル。インタビューに答えた同選手は「もし、それら(プレミアリーグのクラブからの興味)が出てきたら、それは間違いなく、僕が検討したいものだ。どうなるか楽しみだし、この移籍市場でたくさんの時間があり、他に費やす時間もある。時間が教えてくれるが、レアル・マドリードに委ねられている」と話し、移籍希望を示唆した。  また、過去の移籍の可能性についても言及。ベイルは「僕は昨年(マドリーを)出ようとした。しかし、彼らは最後に全てをブロックした。それは僕が楽しみにしていた計画だった。でも、それは具体化しなかった」と明かしている。  昨季はマドリーで公式戦20試合の出場にとどまったベイル。今夏マドリーを出ることになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】