Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

爆笑問題が深海に潜む“激レア生物”の撮影を狙う!「実は宇宙よりも謎が多いんじゃないか」

配信

ザテレビジョン

5月17日(日)に放送される「爆笑問題の深海WANTED6 最新マシンで深海大探査!世界初&超レア映像!!連発スペシャル」(昼4:05-5:20、フジテレビ系)の記者発表が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて動画配信にて実施された。 【写真を見る】「爆笑問題の深海WANTED―」に出演する“深海の貴公子”こと鈴木香里武 司会の爆笑問題・太田光と田中裕二のほか、ココリコ・田中直樹、ハリセンボン・箕輪はるかと近藤春菜、藤田ニコル、鈴木香里武らが出演した。 同番組は深海の希少生物の撮影、捕獲、展示を狙うシリーズの第6弾。今回は「駿河湾編」と「沖縄編」が放送される。 「駿河湾編」では、最新の水中ドローンを使用し、“激レア生物”の多発地帯や巨大サメの生息エリアを散策する。また「沖縄編」では、「美ら海水族館」の協力のもと、今までほとんど探査の及んでいない未開のエリアで、世界初の大発見を目指す。 司会の爆笑問題・田中は、「今回も技術が進化している。今回登場した深海ドローンなどを使えば、これから飛躍的に発見が増えるような気がしました。深海は宇宙と比較されたりするんですよ。似ているといわれてね。実は宇宙よりも謎が多いんじゃないかと。わくわくしますよね」と語った。 同じく爆笑問題・太田は、「“有人深海調査船”ってすごいって言われているけれど、ドローンがあればもっといけちゃう。32時間カメラを沈めて撮った映像は、1番だな」とコメントした。 また、 今回が2回目の出演となる藤田は、「地上は見えている世界だけど、深海は何も見えていないところだから、 ちょっと興味が湧いてきました。見えてないからこそ、まだ他にもあるのかなあとか、見たことがないものが自分にいっぱいあるんだなと思った」と、深海に対して興味が湧いた様子。 動物好きなココリコ・田中は「去年もすごく感動したけど、今年もすごい。世界初の映像や新種かもしれない映像を見ることができて。鈴木香里武くんの説明もわかりやすかった。何よりもテレビ静岡の本気を見ることができるんですよ、この番組。本当にすばらしいなと改めて思いました」と感激。 昨年に引き続きコメンテーターとして出演したハリセンボン・近藤は、「毎年毎年、新種とか新しい発見があってすごいと思うんですけど、今回一番新種で驚いたのが鈴木香里武くんですね」と解説として登場した鈴木の生い立ちに興味津々だった。 そして、ハリセンボン・箕輪は「沖縄は前回に引き続き協力してくださっているのに、今回また発見があってすごいですね」とコメントした。 今回、解説として出演した“深海の貴公子”こと鈴木は、「以前から見ていましたが、これまで幻というか遠い世界だと思っていた深海を少しずつ手の届くところにしてくれているのは、この番組の力なんじゃないかなと思います」と話した。(ザテレビジョン)

【関連記事】