Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

災害時に障害者が取り残されないために 西日本豪雨の教訓などから生まれた「携帯用点字ブロック」

配信

FNNプライムオンライン

災害時、障害者が取り残されないために

西日本豪雨から2年。災害時に障害者にどう配慮するのか、教訓を生かそうと生まれた視覚障害者への対応を取材した。 【画像】新点字ブロックは繰り返し貼ったり剥がしたりできるのも特徴 篠田吉央キャスター: 目が見えていた頃は、この辺りを駆け回って遊んでいたんですか? 天辰江利子さん: はい。歩きましたね 篠田吉央キャスター: 当時の真備の様子は、頭の中に残っていますか? 天辰江利子さん: はい。道も分かりますし、どこの家が誰の家かもわかっています 篠田吉央キャスター: 今ここは空き地になっていますが 天辰江利子さん: (頭の中の)地図と違いますね。私も最近になって知った。引っ越されたというのは

西日本豪雨 視覚障害を持つ女性の避難所生活は…

岡山・倉敷市真備町川辺。2019年に建て直した自宅に家族と住む天辰江利子さん(46)は、網膜の異常で視野が次第に狭くなる難病「網膜色素変性症」により、5年ほど前に左目を失明した。右目も、ほとんど見えない。 天辰江利子さん: (西日本豪雨のことは)まだ忘れていません。全然、2年たっても。やっぱり雨が降ると思い出します。近所の人のボートに助けられました。2階に上がっていたんですよ 2018年、岡山県内に甚大な被害をもたらした西日本豪雨。 視覚障害がある天辰さんの自宅も2階まで浸水した。 当時、家族で向かった最寄りの避難所はすでにいっぱいで入れず、何とか別の避難所にたどり着いたが、視覚障害者にとってはさまざまな困難があった。 篠田吉央キャスター: こちらが避難所になっていた体育館の中です。当時はいかがでした? 天辰江利子さん: 来るのが遅くて、もう真ん中くらいしか空いていなかったんですよ。下にシートを敷いているので、それを踏んではいけない。人がいるのかもわからなくて、トイレとか行きにくかったですね 慣れた自宅なら1人で移動できるが、初めての場所では、自分がどこにいるのか位置関係もわからない。 このため、家族がいない時などは、食事などの受け取りも困ったと振り返る。 天辰江利子さん: 少しでも点字ブロックを置いてくれたら、自分でも行けるような気がして

【関連記事】