Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年30人が心神喪失無罪の時代も 重大犯罪続き判断厳格化、相模原殺傷事件の結論は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人が刺殺され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件の裁判員裁判が8日、横浜地裁で始まり、殺人や殺人未遂などの罪に問われた同園元職員の植松聖被告(29)は殺傷行為などを認めた。弁護側は事件当時、精神障害の影響で刑事責任能力がない心神喪失か、著しく低い心神耗弱の状態だったと主張し、裁判の争点は責任能力の有無・程度に絞られた。そもそも責任能力、心神喪失、心神耗弱とは何か、どのような基準や枠組みで判断するのか、どんな判決が宣告されてきたのかをまとめてみたい。(共同通信編集委員=竹田昌弘)  ■ 責任能力、刑法上の非難に値するかどうか  責任能力とは、刑法上、刑事責任を負うことのできる能力とされ、裁判員裁判の担当裁判官からヒアリングした司法研修所編「裁判員裁判と裁判官―裁判員との実質的な協働の実現をめざして」には、次のような裁判官から裁判員への説明例が掲載されている。 

 「罪を犯した人に対し刑罰を科すことができるのは、正常な精神作用の下で(つまり、自分の行為が悪いことと分かっていて、自分の意思で思いとどまることができたのに)、罪を犯した場合に、刑法上の非難に値するからです」   「しかし世の中には、精神病などの精神障害の圧倒的な影響により、犯行に及んでしまう人がいます。罪を犯したとしても、精神障害のためにそのような事態になった以上、その人に対し、罪を犯したとして非難し、刑事上の責任を負わせることはできません。このような場合を、心神喪失といいます。刑法は、心神喪失者の行為は、罰しないと定めています(39条1項)」   「次に、心神喪失ほどひどい状態ではなくても、やはり精神病などの精神障害による著しい影響を受けて、犯行に及んでしまう人もいます。この場合は、正常な精神作用によって罪を犯したといえる部分も残っているので無罪にはなりませんが、一般人と同じ程度に、その行動を強く非難することはできません。このような場合を、心神耗弱といいます。刑法は、心神耗弱者の行為は、その刑を減軽すると定めています(39条2項)」 

【関連記事】

最終更新:
47NEWS