Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓流、華流の次は「タイ流」!? 知ったら必ずハマると噂のタイドラマの世界<『2gether』日本配信決定>

配信

ザテレビジョン

アジアのドラマといえば、「韓流」というイメージを思い浮かべる人は多いだろう。現在、NetFlixの『愛の不時着』が大ヒットしていることで、また韓流にスポットライトが当たっている中、韓流でも華流でもない、アジアでもまったく別の国のドラマが、世界中で愛されているのをご存知だろうか。 【写真を見る】可愛い…サラワットに頭を撫でられ、驚く上目遣いのタイン(他、写真40枚) それは、今年2月~5月にかけてタイで放送されたドラマ『2gether』(ついにRakuten TVで7月31日、日本上陸決定!)。タイ本国で放送されると同時にYouTubeで配信され、世界各国で視聴した人々が次々とハマって“沼落ち”していく現象が起きた。 そして『2gether』をきっかけに他のタイドラマも気になり始めて視聴すると、魅力的なドラマがたくさんあることに気づき、アッという間に「タイ沼」にズブズブとハマっていく…そんな人が世界中にいるという。 では、そんな「見れば必ずハマる」と噂のタイドラマの世界は、一体何が魅力なのか?現在まさに沼に転がり落ちてしまった筆者が、「タイドラマにハマる6つの理由」を熱く紹介していく。 ■ 1.大学生のピュアな恋愛を描く!『2gether』のここがスゴイ 『2gether』は、男性同士の恋愛を描く、いわゆる「BLドラマ」ジャンルだ。物語は、「シックな男」を自称する、女の子が大好きでそれなりにモテてきた大学生・タインが、同級生でゲイ(男性同性愛者)のグリーンに告白されて執拗に迫られ、グリーン除けのため学内で一番のイケメンであるサラワットに「偽の彼氏になって」と頼み込むところからスタートする。 タインは、物語序盤こそ自分勝手なふるまいが目につくものの、笑顔がキュートで周囲にも甘え上手で愛らしく、見ているうちに視聴者を母親化させてしまう驚異的なスキルの持ち主。 サラワットは、クールで素っ気なく見えるが、じょじょにタインとの距離が縮まっていくにつれて意外な素顔が見えてくる。1話からは想像もつかないギャップに、誰もが悶絶することになるだろう。 そんなふたりが偽のカップルになり、周囲を巻き込みながら絆を深めていく姿が描かれるのだが…とにかく圧倒的にビジュアルが良いだけでなく、脚本が良い。ちょっとしたセリフや設定、すべてに無駄がない。特に7話と11話は、見たら必ず1話から見返したくなるように作られているので、最低3回は見ているファンも多いのではないだろうか。 そして、サブキャラも隅から隅まで魅力的。タインとサラワットには常に行動を共にしている友人グループがいるのだが、序盤は「友達とのシーン多すぎない?」と思うかもしれない。だが、これもまた後半に進むにつれて重要になってくるのだ。脚本の秀逸さにうなること間違いなし。 最初はストーカーのようにしつこくタインを追いかけまわすグリーンすら、次第にその健気さに愛おしくなり、いないと物足りなさすら感じるようになってしまう。観ていると、タインやサラワットの友人たちのみならず、兄弟や、所属する部活の先輩や女子たちまでも、みんな大好きになるはず。 全編通して物語のカギとなる、タインが大好きなバンド「Scrubb」(タイに実在)にも、確実にハマるだろう。流行りのJ-POPではなく、無意識にScrubbの曲を口ずさむようになったらもう頭まで沼に浸かっている状態だ。 伏線の回収、というとミステリーのようだが、『2gether』はその伏線回収が美しく見事なので、ぜひくまなく観て気持ちよくすべての伏線を回収してほしい。ふたりのピュアな恋愛に、笑って泣けること間違いなしだ。 ■ 2.絶対にハマる作品に出合える!?質の高いタイドラマの数々 『2gether』が終わったあと、多くの人がハマっているのが次なるタイドラマ。何を隠そう、タイではBLドラマが一大ジャンルを築いていて、年間多くのBL作品が制作されているのだ。どんな人でも必ず琴線に触れる作品があるのではと思えるほど、とにかくさまざまタイプのBLドラマが作られている。 有名なのは『SOTUS』。「タイBLの金字塔」と言われており、続編となる『SOTUS S』『Our Skyy』も制作されている。 「Seniority(尊敬)」、「Order(秩序)」、「Tradition(伝統)」、「Unity(団結)」、「Spirit(思いやり)」の頭文字をとった“SOTUS“という校内システムが存在する大学の工学部を舞台に、新入生のコングポップと、新入生の教育を担当する3年生のアーティットの恋愛を描いた作品だ。 序盤は、後輩をしごく昭和の鬼軍曹のようなアーティットに耐えられず「本当にこれはふたりが結ばれる話なのか!?」と頭を抱えたくなると思う。だがそこは耐えて見続けてほしい。コングポップとアーティットが次第に仲を深めていく様子が実に丁寧に描かれており、最後には幸せな笑みを浮かべながらタイに向かって祈りを捧げたくなること請け合いだ。 ファンの間で「心臓に毛が生えている」と称されているコングポップの強気なSキャラと、先輩に甘えるときの子犬キャラのギャップ。そして鬼軍曹のアーティットは、実はピンクミルク(タイで人気の甘いピンク色のドリンク)が好きで繊細な乙女のような一面がある…と、ギャップ好きにはたまらないカップルでもある。 他にも、彼らの仲間たちとの関係性や、同級生カップルのもどかしい恋愛模様も描かれ、普遍的な友情、恋愛を描いた学園ドラマの傑作となっている。 タイには『SOTUS』をはじめ、日本でも有料チャンネルにて視聴できる『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』や『Love By Chance』など、面白い作品がまだまだ山のようにあるので、『2gether』をきっかけにしてタイ沼から抜け出せなくなる人が続出している。 ■ 3.「中の人」も魅力的!SNSをフォローしてより深く俳優にハマる タイ沼を語る上ではずせないのが、「中の人」の存在だ。ドラマにハマると、当然演じている俳優のことも気になってくるもの。『2gether』のタイン役のWinと、サラワット役のBrightをはじめ、タイドラマに出演している俳優はイケメンであることはもちろん、基本的に身長が高く、180cm越えも珍しくない。そして揃ってスタイルが良い。 Winも役では可愛らしいイメージなのでそうは見えないかもしれないが、180cm越えの高身長で、ドラマ内でも脱いでいるシーンを見ればわかる通り相当ガタイが良い。Instagramに投稿された写真はそのスタイルのよさが際立つものも多く、ファンから「ほぼ足」「足の長さで遠近法が狂う」などのコメントが相次いでいる。 対するBrightも180cm越えで、ファンの間で「ルーブル美術館出身」と言われるほどのビジュアルの持ち主。インスタで投稿される写真はまさにアートのよう。何気なく撮影された1枚でも、「まさに芸術作品」「天使のお迎えが来た」と、称賛の声があがる。 タイドラマの俳優はTwitterやInstagram、TilTokなど、SNSを使いこなしている。ドラマを観て中の人のことが気になったら、まずはSNSをフォローするのがおすすめだ。 ■ 4.頻繁に投下されるSNS上のやりとりにキュン! ドラマ内でカップルや親友を演じたふたりが、プライベートでも仲がいい…というのは、ファンなら誰しもうれしいはず。タイドラマでも、カップルを演じた俳優たちのSNSでの応酬は、ファンにはご褒美だ。 しかもその頻度が、「たまに」ではない。「かなりしょっちゅう」行われるのである。日本ならそのやりとりがネットニュースになるようなことが、タイではあまりに頻繁に行われるので、むしろファン側が追い付かなくてうれしい悲鳴をあげるレベルなのだ。 インスタで相手役の俳優があげた写真に一番にイイネを付けるくらいは序の口。「かっこいいね!」とコメントを付けたり、会話していることもよくある。お互いの寝顔を撮ってアップするのも、あるあるだ。 WinとBrightは、ファンの間では「BrightWin」のカップル名で親しまれているが、そのBrightWinで検索すると「BrightWin 匂わせ」と出てくる。BrightWinに限らず、タイBLの中の人たちは匂わせがうまい(いい意味で)。同じ場所にいることを匂わせる投稿や、おそろいの服を着ている投稿。Brightの「look at me now.」という投稿に対するWinの「Look at you」という投稿などは、全世界に向かって発信しているのにまるでふたりの世界だ。匂わせというより、もはや鼻先に突き付けられている。 「もしかして中の人も本当に付き合っているのでは…!?」とファンのほうがうろたえてしまうほど親密なやりとりが頻繁に起き、それをリアルタイムで追うことができるのも、タイ沼の大きな魅力だろう。 ■ 5.ロス無縁!?本国からの供給が滝のよう 大好きなドラマが終わると、人は喪失感でいっぱいになるもの。日本でも、人気ドラマが終わるたびに「逃げ恥ロス」「恋つづロス」などと言われるように、ロスに陥る人が続出する。 タイ沼には、「ドラマが終わってからが本番」という言葉がある。先ほど触れた俳優たちによるSNSでの供給はもちろん、ドラマが終わってからもなんとカップルでさまざまな番組に出演してファンを楽しませてくれるのだ。 日本でいえば、『恋はつづくよどこまでも』が終了したあと、カップルを演じて日本中に愛された佐藤健と上白石萌音のふたりが、佐藤のYouTubeチャンネルで再共演してファンを喜ばせた。そんな粋な計らいを、タイドラマでは当たり前のようにやってくれるのだ。 たとえば『2gether』では、ドラマが終わったあともBrightWinで揃ってインタビューを受けたり、バラエティー等に出演している姿がYouTubeなどで見られるほか、全4回で『Play 2gether』という番組が配信されている。これは、BrightWinのみならずドラマのメイン出演者が登場して挿入歌や主題歌などを演奏するミュージックバラエティー。出演者たちの仲のよさが垣間見えて、ますます『2gether』が好きになる神番組だ。こちらはYouTubeで視聴可能。 『SOTUS』でカップルを演じたSingto(コングポップ役)とKrist(アーティット役)は、ドラマ放送から4年もたち、お互いに違うドラマにも多く出演しているにも関わらず、いまだに人気が衰えないタイBL界の絶対王者的カップル(通称「KristSingto」)。今までにアジア各地でファンミーティングを行っていて、2018、2019年には日本でも開催している。つい最近も、ともに番組に出演する姿が見られ、ファンを喜ばせた。 このようにドラマが終わっても、中の人のカップル活動が始まってからが本番なので、ドラマが終わった喪失感はあっても、ロスに浸る間もないほど公式から滝のような供給があるのがタイ沼なのだ。 ■ 6.オンラインファンミーティングも開催! 『SOTUS』のふたりのように、ファンミーティングを行うのはタイ沼では珍しいことではないが、今は海外旅行もままならないアフターコロナ期。できるのはしばらく先かと思いきや、このたび『2gether』や『SOTUS』を制作したGMM TVによる“オンラインファンミーティング”が開催された。 KristSingto、BrightWinを含むGMM制作の人気ドラマ4作品のカップルが、5月~6月の4週にわたってそれぞれファンミーティングを行い、「V LIVE」というアプリを通して全世界のファンがそれを視聴できるというもの。リアルタイムでは英語と中国語の同時通訳のみだったが、終了後2週間ほどで日本語字幕もついたアーカイブが配信される。こちらは、あとからでもチケットを買って視聴可能なのがうれしい計らいだ。 本業は俳優である彼らが、きらびやかな衣装でさながらアイドルのライブのような歌と踊りとトークを届けてくれるファンミーティング。本番までに練習風景などもアップされ、彼らがファンのために一生懸命いいものを届けようと努力している様子に、胸を打たれたファンも多いだろう。 本番では、200名の「ラッキーファン」がオンラインでつながり、俳優に質問ができるコーナーも。タイや日本などのアジア圏だけでなく、イタリアやメキシコなど世界中にファンがいる様子がうかがえた。まさにタイ沼がいま世界でムーブメントとなっているさまをリアルタイムで感じられる歴史的イベントとなった。 ■ ついに『2gether』が日本上陸決定! そして、日本に、世界にタイ沼の存在を知らしめた『2gether』が、いよいよ本格的に日本上陸する。 7月31日(金)昼12時より、Rakuten TVにて毎週1話ずつ配信されることが決定。YouTubeでハマってまた観たくなっている方、最近その存在を知って気になっている方は、ぜひこの機会にチェックしてほしい。 『2gether』を観たら、きっと中の人たちの活動を追いかけたくなり、気づいたらインスタやTikTokなども使いこなしてSNSの達人になっていることだろう。そして他の作品をいろいろと漁り始める頃には、立派なタイ沼の住人になっているはずだ。(ザテレビジョン・小林麻美)

【関連記事】