Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

箱根で好走した駒澤大の新星は 五輪を目指す。速いより強いランナーに

配信

webスポルティーバ

取材での受け答えは常に自然体だ。時に笑みを浮かべながら、自分の考えや感覚を語る。だが目標について話す時は、覚悟を示すかのように相手の目を見据えて離さない。 大迫傑の日本新記録樹立が示す「日本男子マラソン界の進化」  昨年度、田澤は3大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)すべてに出場し、全日本大学駅伝では7区で区間賞を獲得。箱根駅伝でも3区で7人抜きの好走を見せるなど、大学陸上長距離界で鮮烈なデビューを果たした田澤廉(駒澤大2年)は真剣な表情できっぱりと言った。 「1万mで東京五輪の代表を目指しています。日本選手権は今年初出場になりますが、目標のためにも勝ち切りたい。強い選手と競い合うなかでつかめるものもあるはずです。挑戦者ですが、結果を出しにいきます」  現時点で日本陸連は12月に行なわれる長距離種目の日本選手権を代表選考会のひとつとしか明言していないが、少なくとも田澤にとっては来年を見据える意味で重要な大会となる。  ベストタイムは昨年出した28分13秒21、これは2019年の日本人学生ではトップだったが、日本リストでは11位と上位に実業団勢が多数いた。1種目での代表は最大でも3人。来年の日本選手権まで視野に入れても日本の上位3人に入ることは簡単ではない。加えて参加標準記録(27分28秒00)の突破、もしくはワールドランキング上位に入らなければならない。参加資格は厳しく、壁は厚い。

とはいえ、田澤は現在19歳。可能性を大きく秘めているのもまた事実だ。指導する駒澤大、大八木弘明監督も挑戦自体に意味があると考える。 「大学生ですからチャレンジすることで成長できればいい。自分より強い選手に勝負していった先に大きく飛躍して欲しいと期待しています。今年、どんな戦いができるか試してみたいですね」  速い選手ではなく、強い選手を育てたい──大学長距離界の名将は日頃から口癖のようにこう繰り返す。マラソンでは昨年9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で優勝した中村匠吾(富士通)を指導し、五輪へと導いた。田澤はその師とともに夢に向かって走り出した。  この駒澤大の師弟がオリンピックを意識し始めた時期には、若干のずれがある。大八木監督は昨年11月の八王子ロングディスタンス。田澤は自己ベストを出したレースだ。 「入学後からスタミナの強化をしてきて、それがある程度、身になったと実感できたのです。ここからはもっとスピードを鍛えていこう、そうすれば実業団の強い選手たちと勝負できるかもしれないと思いました。ならばチャレンジしてみてもいいなと」  ハイレベルな選手の練習や生活スタイルを学ばせたいという考えから、大八木監督は2月に中村匠吾の練習パートナーとして米国・アルバカーキでの合宿に田澤を同行させた。ここで充実したトレーニングを積んだことで、田澤の目線は上を向き始める。

【関連記事】