Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スリムでサイズぴったり。イケアの板でキッチン作業台を簡単DIY

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

スペースは限られているのに、ものであふれてしまうキッチン。作業台があると助かりますが、自宅のキッチンにぴったりのものを見つけるのは意外と大変。 「私は簡単DIYで、スリムで理想的な台をつくりました」という整理収納アドバイザーの長島ゆかさんに、イケア商品を使って30分でできるキッチン作業台について教えてもらいました。

細長キッチンには、スリムな作業台があると便利!

長島さんのお宅は建売一戸建て。キッチンはコンロからシンクまで一直線になったI型です。 調理はコンロとシンクの間の中央部分でできますが、ちょっとした作業やお皿への盛りつけにもう少しスペースが欲しいところ。 そこで長島さんは、コンロ向かいに折りたたみデスクとスチールラックを並べて置いていました。

「これも十分で使いやすかったのですが、下に置いているゴミ箱がうまく入らないのがプチストレスに。横のスチールラックにつくホコリと油汚れの掃除にも負担を感じていたので、思いきってすべて一新することにしました」 材料を調達したのはホームセンターではなく、なんとイケア。

●天板はキッチンワークトップ、脚はデスクコーナーから調達 サイズや使い勝手を考えた結果、新たに既製品を買うことはせずDIYすることに。素材はすべてイケアで調達です。 天板は、キッチンコーナーのKARLBY。オーク材で、長さは121cmです。 「これはシステムキッチンの素材のひとつ。キッチンを購入しないと意味がないと思いがちですが、単品でも使うことができるんです。この板は表面が無垢材、中身がパーティクルボード(木材チップを加熱圧縮した板)。たわみや反りが少ないのが特長です。加工しやすいし、税込1万2900円だから無垢の1枚板を買うよりリーズナブル。厚みがあって高級感もあります」

ただしテーブルトップのため脚はついておらず、脚穴も開いていないので少しだけ作業が必要です。 「脚は同じくイケアのデスクコーナーで物色。OLOVという伸縮式の脚で、1本税込1000円です。デスクコーナーには組み合わせ可能な脚がたくさんあるので、DIYにもってこい!」

【関連記事】